解体工事のときはお祓いしたほうがいいの?お祓いの内容と依頼先について

「業者の人にお祓いを進められたけど、本当に必要なの?」
「地鎮祭とか魂抜きとかイマイチわからない」

このように、家を解体したり、更地に家を建てたりする場合、お祓いをするよう勧められることがあると思います。

 

家の他にも、古くなったお財布や、昔から大切にしていた人形、一年間お世話になったお守り等、実際に生命が宿っているかどうかにかかわらず、命や気が宿っているとされるモノを処分する時は、簡単に捨ててしまってよいものか悩んだりしますよね。

こういった気や命が宿っているとされているものは、昔から神社や寺でお祓いをしてもらってから処分をする風習があります。

長年お世話になった家にも、愛着だけでなく気が宿っていると言われますので、解体工事の際は家に対する感謝の意を込めて、お祓いをしてみてはいかがでしょうか。

今回は、お祓いではどのようなことをするのか、どこに依頼したら良いのかについてお話ししたいと思います。

 

 

お祓いではどのようなことをするの?

 

お祓いは解体工事の前に行うものと、解体工事後の家を建てる前に行うものがあります。

工事前と工事後では、お祓いの意味も異なりますので、両方を理解しておく必要があります。

ここからは、解体工事直前・直後に行うお祓いの種類と意味についてお話しします。

 

【解体工事直前に行うお祓い】

 

解体工事の直前に行うお祓いは、長年お世話になった家や家材にお礼を言うこと、それらに宿った気や魂を抜くことを目的としています。また、このお祓いは「解体式」等と呼ばれています。

一般的に魂が宿るとされる、井戸や仏壇、神棚を移動したり、壊したりしなければならない場合に執り行われます。

魂が宿ったものは魂を抜いて、モノに戻してから処分するという考え方です。

仏壇はお寺へ、神棚は神社へ依頼しますが、井戸やその他の家財はどちらでも良いとされています。

魂抜きの対象は仏壇、神棚や井戸などですが、その他の思いの詰まったものを処分する際も、お祓いは可能です。

費用はそれぞれ3万~5万円前後といわれています。

 

【解体工事直後に行うお祓い】

 

解体工事後は、新たに家を建て直すという方が多いと思います。

そういった家を更地に建てる場合は、工事の安全や今後の災いが降り掛からないことを祈願して土地を鎮める「地鎮祭」と呼ばれるお祓いが行われます。

 

地鎮祭とは?

地鎮祭の歴史は古く、最古の地鎮祭はなんと弥生時代にまで遡るといわれています。

弥生時代から多くの方が、土地の神様を信仰し儀式を重んじてきたことから、地鎮祭の大切さもわかりますよね。

 

地鎮祭では、家を建てる土地に祭壇を設け、お坊さんや神主さんが安全を祈願した祝辞を述べたり、お焼香をしたりします。

お願いしている新築工事や今後の家族の健康を祈願する大切な儀式として、多くの方が地鎮祭を行います。

 

地鎮祭は初穂料やお供え物の料金、ご近所への菓子折り、関係者の方へのお弁当代といった出費も多く、合計すると10〜20万程度かかるといわれています。
もちろん気持ちの問題でもありますし、そこまで掛けられない方も多いと思いますので臨機応変に、無理のない範囲で考えればよいでしょう。

地鎮祭も信仰している宗派によっても異なりますが、お寺もしくは神社に依頼をしてお坊さん・神主さんにお祓いをしてもらう流れとなります。

魂抜きやその他のお祓いと同様、絶対に執り行わなければならないという事ははありませんが、多くの方が地鎮祭を行っている昔からの儀式ですのでご家族と相談しながら計画してもらいたいと思います。

 

【どんな服装で参加すべきか】

 

魂抜きや地鎮祭、その他のお祓いに関しても、決まった服装があるというわけではありません。

しかし、これらはすべて神聖な儀式ですので、ある程度の身なりをしておいたほうが良いでしょう。
やや正装に近い、シャツとチノパンくらいでしたら何も問題ありません。

派手な色の服や露出の多いもの、サンダル等は避け、落ち着いた色味の服を着用することをおすすめします。

 

お祓いはのタイミングは?

 

地鎮祭や魂抜きといった儀式の説明をしてきましたが、これらの儀式はいつ執り行うのが一番良いのでしょうか。
ここからは、地鎮祭や魂抜きを行う時期についてお話しします。

まず始めに魂抜きを行うタイミングについてお話しします。

魂抜きは何のために行う儀式だったかご確認いただけたでしょうか。

魂抜きは今までお世話になった思い入れの深いもの、気や命が宿っているとされるものから、感謝の意を込めて魂を抜き、モノに戻すという儀式でしたね。

したがって魂抜き「解体式」の適切なタイミングは、解体工事の前日までに行ってください。

解体工事を始めるまでに魂抜きを執り行い、工事の安全も祈願するのが一番良い流れです。

 

次に地鎮祭のタイミングです。

地鎮祭は土地の神様に、これから行う工事が安全に執り行われること、これから先何十年も安全に暮らせることを祈願する儀式でした。

そこで、解体工事後の更地、新規の工事を始める直前に執り行うのが最も良いといわれています。

どちらもはっきりとした決まりはありませんが、工事の前日までに行うのが一般的です。

 

まとめ

 

今回は、解体工事の前後に行う、お祓いについてお話ししました。

日本では、今までお世話になったものや、これからお世話になるものに対して感謝の心を持ってお礼をするという考え方が、長い間受け継がれてきました。
その象徴として、魂抜き「解体式」や「地鎮祭」があるのです。

現在は、「やっておいたほうが無難」と形式化されがちですが、こういった深い意味があると考えると感慨深いものがあります。

礼を重んじる魂抜き、地鎮祭

日本人の素敵な文化ですね。

ぜひ参考にしていただければと思います。

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です