安心して解体工事を依頼!解体工事の安全対策は何をしているの?

安心して解体工事を依頼!解体工事の安全対策は何をしているの?

建物を解体中に壁が思わぬところへ倒れて、けが人が出たり足場が倒れたりというニュースを聞いたことはありませんか。
一般住宅でも解体によって粉じんが巻き起こってしまって、近所の人たちとのトラブルになってしまうという心配もありますよね。
そのため、解体工事をする際には、しっかりとした安全対策を施す必要があります。
プロの解体業者はどんな対応を採っているのでしょうか?

足場と養生シートで粉じん対策

解体業者は安全のためにいろいろな対策を行いますが、基本となるのは足場で現場を囲い、そこに養生シートを張るというものです。
足場を作ることによって、屋根や二階部分の解体を行う際に、作業員が高所で安全に作業しやすくなります。
高所作業の際には、落下防止用の安全器具を付けて、体と足場を固定しますので、万が一足を滑らせてしまったという時でも、落下の危険から身を守ることができるのです。

そして、足場には養生シートを張り巡らすという目的もあります。シートを解体現場に張ることによって、解体時に出る粉じんを周囲に広げないようにすることができます。
また、どうしても木材や石材の破片が飛び散ってしまうこともありますが、シートがあればその破片が近所に飛んでいくこともないので安心です。
このように、足場と養生シートが安全対策の基本となっていて、しっかりとこの対策を施す必要があります。こうした対策もなしに解体工事を進めようとするのは、安全についての理解が薄いということになりますので、十分な注意が必要でしょう。

事前調査によって危険を予測する

足場や養生シートなどの解体時における安全対策も重要ですが、それ以上に重要な要素となるのが、事前の下調べです。
しっかりとした解体業者は、簡単に現場の下見をしてすぐに解体を始めるということはしません。

しっかりと、あらかじめ時間をかけて調査を行うのです。調査をする内容としては、建物にどんな素材が使われているか、隣の家とのスペースはどのくらいあるのか、近くに幼稚園などの子どもが多く通る場所があるのかなどを調べます。
その上で、どのような手順で解体を進めていったらよいのか、どんな重機を使うのがベストなのかを決定していきます。

また、足場の組み方や養生シートの張り方なども、建物の形状や建築材料によって異なることもありますので、事前の下調べがしっかりとしていないと現場の安全対策が完全になされないことになります。
そして、しっかりとした解体会社は、事前の調査を行って解体方法を決めていく段階で、必ず施主様に工事の内容や手法を説明するものです。
また、騒音や粉じんなど、近所にどのくらいの迷惑がかかる可能性があるかも説明します。施主様が安心して工事を依頼できるようにすることも、重要なことなのです。

作業員の安全に対する意識

解体工事における事故というのは、多くの場合何らかの技術的なミスというよりは、作業員の安全に対する意識が低いことによって起こることが多くなっています。
作業員がきちんと危険を予測して、それに応じた対策を採れば、ほとんどの事故を防ぐことができます。
時間に追われてとにかく急いで作業を追われてしまおうとする態度や、とにかく建物を壊してしまえばいいという考えで作業をしていると、大きな事故につながってしまうことがあるのです。

そのため、しっかりとした解体業者では、安全に対する意識を高めるために、定期的に研修を行ったり、毎日作業を始める前に危険予測の話し合いを行ったりします。
どこが危険な箇所となりえるかを知っているだけで、慎重に作業を進めていく助けとなりますので、こうしたプロセスはとても重用なのです。

安全のために何をどのようにするかという技術的なことも重要ですが、その技術を支えるのは、会社全体の安全に対する意識、そして作業員一人一人の気持ちですので、これをおろそかにすると大変なことになります。
それで、解体業者を選ぶ際には、とにかく安くできる、スピーディーに作業を終わらせる、ということを売りにしているところよりは、安全に事故なく作業を進めて、周囲の近所の方々にも迷惑が及ばないようにしっかりとした手順で作業を進めていくということを丁寧に説明してくれるところを選ぶようにしましょう。

確実な技術と実績を持っていることが安全につながる

解体工事を安全に進めていくためには、しっかりとした技術も必要になります。建物の構造を理解した上で解体を行っていかないと、思わぬ方向に壁が倒れてしまったり、危険物質が周囲に飛び散ってしまったりします。
そのため、解体工事を行う際には、しっかりとした技術を持ち、それを確実に行っていくことが重要です。

まとめ

解体工事に関する安全対策としては、事前の下調べが最初に行われるものとなります。
この下調べをしっかりとすることによって、どこに危険個所があるかを見つけられますし、近所の方に迷惑をかけない解体方法を検討することができます。

具体的には現場において、足場を組み養生シートを張ることによって、粉じんや破砕物からの事故や迷惑を避けることができます。
こうした技術的なことに加えて、作業員一人一人がしっかりとした安全意識を持ち、丁寧に作業を進めていくことがとても重要になります。

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です