売却の為の解体工事!?得か損か

売却の為の解体工事!?得か損か

土地を売却したいと考えているものの、古い家が建っているため、この建物の処理に困っているという人は多くいます。
建物を解体せずに家付きのまま売却した方が良いのか、それとも自分で解体工事を済ませて更地にした状態で売った方が良いのかと悩んでしまいますよね。

そこで、どちらがお得になるのかを考えてみましょう。

税金の面では解体してから売却した方がお得になる

更地で売った方が良いのか、家付きのままで売った方が良いのかに関してはいろいろな要素がありますが、税金という面では解体工事をしてからの方がお得になります。
というのも、土地の売却に関しては、いくつかの項目で経費計上が認められていて、その中に解体費用も含まれているからです。

土地の売買に関して計上できる経費としては、仲介手数料や印紙税などの、手続き上必要な経費があります。
その他には、不動産についている抵当権を抹消するための費用も経費として認められています。
そして、土地の境界をはっきりさせておくための測量費も必要となりますのでやはり経費として計上することができます。

こうした費用に加えて、解体工事にかかった費用もきちんと経費として認められています。
解体費用は、他の仲介手数料や測量費などと比べても高額になることが多く、経費として計上できる一番大きな項目となることも珍しくありません。
そのため、節税対策として考えた時に、建物付きの状態で売るよりは、多額の経費を計上できる解体後の更地の方がお得になるのです。

更地の方が売りやすい

そして、不動産の売買をするときには、いかに売りやすい物件かということも重要です。
古い家が付いていて、買主が解体をしなければならない土地と、更地になっている土地とでは、単純に考えて更地の方が売りやすいに決まっています。

買主は解体についての余計な手間を払う必要がありませんし、いろいろな用途のためにすぐに利用できるので決断するのも早くなります。
また、解体工事をした後に行わなければならない滅失登記などの手間も省けますので、売りやすさという面では圧倒的に更地に軍配が上がります。

中古住宅付きの状態では、なかなか買い手が現れず時間だけが過ぎてしまうということもありますので、すぐにお金に換えたいという人は、特に更地にしてしまった方が良いでしょう。

価格交渉が有利になるのも更地の方

不動産の買い手は少しでも安く購入したいと思っていますので、不動産会社に提示されている価格でそのまま買うのではなく、価格交渉をしてくることが多くなっています。
その際に中古住宅が建っている状態だと、買主が解体工事の費用を負担したり、面倒な登記作業を行ったりすることになりますので、そこを突いて少しでも安くしようと交渉をしてきます。
解体費用がこのくらいかかるから、土地の値段をいくらまで下げてくれ、というようにです。

しかし、すでに解体を済ませてしまっていて、更地の状態で売却しようしているのであれば、買い手にとっては有利な交渉材料があまりありませんので、それほど値切ることができません。
当然、ある程度の価格交渉があったとしても、売り手に有利に持っていくことができます。

結果として、高値の状態で土地を売却することができますので、より利益を得られるでしょう。

手元にあまり資金がなくても解体した方が良いケースが多い

このように、建物を解体して更地にしてから土地を売った方がお得になるわけですが、中には解体費用を賄うだけの資金が今のところ手元にないというケースもあるでしょう。
しかし、この場合でもローンを組んで解体工事を行って、土地が売れてからその売却金でローンを返済した方が、結果的には得することになります。

ローンの金利をある程度払わなくてはならないとしても、更地の方がよりスピーディーに売れますし、より高値で売れます。
なにより、次の年に払う税金の額をかなり圧縮できますので、古い家屋を解体してしまった方が有利となるでしょう。

まとめ

古い家が建ったままの状態の土地を売却したいと考えているのであれば、そのままの状態で売るのではなく、家屋を解体してから売った方がトータルではお得になります。というのも、解体工事にかかった費用は経費として計上することができるからです。

解体費用はそれなり高額になることが多いので、その額をそのまま経費として上げられるということは、節税としてとても優れた手段となります。
また、古い家がなく更地の状態の方が、多くの買い手がついてより早く売れることになります。家付きのままだと、買い手が解体業者を探して工事を行うことになりますので、手間も時間もかかります。
こうした手間を嫌う買い手は多いので、古い家が付いている状態だと、なかなか売れずに時間だけが過ぎてしまうという事態が生じえます。

しかし、更地の状態であれば、買主もすぐに決断することができますし、家付きの土地よりも高く買い取ってくれます。

こうしたことから、古い家を解体して更地で売却した方がずっとお得になるのです。
手元に解体費用が十分になくても、ローンを組んで解体した方がお得になることがほとんどです。

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です