空き家を解体するメリットとデメリットとは?

空き家を解体するメリットとデメリットとは?

土地と建物を所有しているけれども、ずっと誰も住んでおらず空き家の状態が長く続いているというケースは多いものです。
土地の利用法も特にない、処理をするのが大変、遠方に住んでいるので実際の状況が分からないなどの理由でそのままになっていることが多いとされています。

しかし、いつまでもそのままにしておくわけにはいかない事情もありますので、空き家を解体するかどうか迷ってしまうこともありますよね?
そこで、空き家を解体するメリットとデメリットを調べて比較することで、ベストな判断を下す助けにできるでしょう。

空き家対策特別措置法の存在を覚えておく

誰も住んでない状態が長く続いている家の処置について考える際に知っておくべき法律があります。
それは「空き家対策特別措置法」というものです。

この法律は、かなりの期間人が住んでいないなどの理由で建造物が崩壊の危機にあって、周りに損害をもたらす可能性がある場合は、その家を強制的に撤去することを可能にした法律です。もちろん、いきなり行政機関が入ってきて取り壊しをするわけではなく、危険の度合いを診断するために行政職員や建築のプロが調査を行います。

その上で危険と判断されれば、所有者に改善や解体などの指導がなされます。
しかし、繰り返しの指導にも関わらずその家が放置されたままで、周りに損害が及ぶと判断されれば、強制的な撤去がなされます。

また、この法律に関連して、無人家が実際に何らかの被害をもたらした時には、その所有者に損害賠償が及ぶということが定められています。
倒壊の危険があるのであれば、早急に危険度の診断を行って、解体工事をするなどの措置を取る必要があるでしょう。

この法律に基づく行政指導は倒壊の危険についてだけではありません。無人の状態が続くと草木が生い茂ったり、ゴミが不法投棄されたりします。
さらに、不法侵入の対象となってしまい、犯罪の発生のリスクが高まります。

こうした危険があると判断された場合も、行政によって適切な措置を取るように指導が入ることがあります。

空き家を解体するメリットとは?

誰も住んでいない状態の家を取り壊すことにはいろいろなメリットがあります。
その大きなものの一つが、前述の法律に関連した指導を受けたり、自然倒壊によって生じえる損害賠償のリスクをなくせるということです。

万が一無人家の倒壊によって近隣住民などに被害をもたらすようなことがあれば、その損害賠償は大きなものとなってしまうことがあります。
取り壊しにかかる費用と比べても、かなり高額になってしまう可能性がありますので、リスクを避けるためには必要な経費と言えるでしょう。

また、古くなった建物を壊して更地にすることで、利用方法の選択肢が増えますし、土地の売却が楽になります。
古い家が建っている状態では、なかなか買い手がつきにくいのが現実ですが、更地になっていれば買い手が現れる可能性が出てきます。

不動産会社も古い家付きの土地よりも更地の方を優先して扱う傾向にありますので、不動産売買に関するメリットは大きいでしょう。また、更地をそのまま保有するにしても、もう建物がありませんので、管理する手間がありませんし、余計な患いごとを持つことがなくなります。

こうしたメリットだけでも十分無人家を取り壊す価値があると言えるでしょう。

空き家を解体することによって生じるデメリットとは?

一方で、家屋を取り壊すことによってデメリットが生じることもありますので、メリットと比較してみると良いでしょう。

デメリットの一つとしては、固定資産税が高くなってしまうということです。

固定資産税は、土地の上に何らかの建物があると何割か安くなるシステムを採っています。
そのため、古くなっているとしても土地の上に建っている家屋を取り壊してしまうと、固定資産税が何倍も増えることもあります。
この点での心配があるのであれば、不動産についての知識を持つ専門家に無人家を残した場合と更地にした場合の固定資産税の額を聞いてみると良いでしょう。

また、単純に解体工事のためのコストがかかるというデメリットもあります。
建物の構造や建築材料、現場周辺の状況などによっても変わりますが、最低でも何十万円という額の費用がかかります。

簡単に決められる額ではありませんので、じっくりと検討する必要があるでしょう。
複数の工事業者に見積もりを出してもらって、実際にどのくらいの費用がかかるかを調べて考えるようにしましょう。

まとめ

無人家が倒壊して周囲の人や物に損害をもたらしてしまった場合、その家の所有者が損害賠償を行う責任が出てきます。
空き家対策特別措置法という法律があり、こうしたリスクを持つ家を診断して行政指導することが定められています。

最終的には強制的に取り壊されることもありますので、法律の内容を覚えておくと良いでしょう。
無人家を取り壊すメリットとしては、自然倒壊によって生じる損害賠償のリスクをなくせることや、更地にすることでその土地を売りやすくできるというものがあります。

さらに、家屋の管理をする必要がなくなりますので、精神的にも楽になるでしょう。

一方、デメリットとしては、建造物が土地からなくなることで固定資産税が上がってしまうことが考えられます。

 

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です