旗竿地の解体工事での注意点は?

旗竿地の解体工事

旗竿地」や「敷地延長」という土地の形状を聞いたことがあるでしょうか?

旗竿地は住宅が密集している都心部などで多くみかけられ、土地を効率的に分割するための方法です。

今回は、旗竿地の解体工事についてご紹介していきたいと思います。

旗竿地っていったいどんな土地なのでしょうか?

旗竿地とは、不動産の業界では「敷地延長」・「敷延」とも呼ばれております。
専用の細長い通路がある土地で、その形が旗竿状になっていることから旗竿地と呼ばれています。

旗竿敷地

 

建築基準法では、道路と土地が接している部分が最低でも2mの幅がないと建築の許可が取れませんので、このような狭い通路が付いている形が多くなっているのだと思います。

旗竿地は、しっかり道路に面している整形地よりも安く買えるメリットがあり、一般的な正方形の土地があったとしも、安く買える旗竿地から売れはじめる場合もあるようです。

旗竿地は特殊な形状をしているので、多くのデメリットもありますが、使いかたによっては好条件な土地にもなるようです。

芸能人やスポーツ選手のような著名人の方などは、プライバシー確保がしやすいと言う理由で比較的このような土地を好んで選ばれると聞いています。

旗竿地での解体工事

旗竿地は公道に面した部分の幅が極端に狭く、工事車両を進入させるのも大変であったり、駐車をするのにもかなり慎重に行う必要があります。

解体工事の期間中は、何十回となく出入りしますので、隣地との境界塀にぶつけたり、こすったりしてしまえば、大きなトラブルに発展してしまうことも考えられます。

解体工事では、廃棄物の種類ごとに積み込む車両を分けなければならず、その都度入れ替えなければなりませんので、出し入れをするだけでも時間がかかってしまうのです。

解体完了

 

 

旗竿地の家屋を解体する時の注意点

旗竿地での解体工事は、整形地とくらべてどのような注意点があるのでしょうか?

旗竿地の通路部分は、接道義務である最小の2mである事が多いため、大きな重機を敷地内に入れることが出来ません。
一般的に、2階建ての家屋を解体する重機は幅が2.3メートルくらいですので通路の幅は最低でも2.7メートルは欲しいところです。

通常は重機を使って行う作業も手作業となってしまうので、工事の期間は長めに考えておくと良いでしょう。

旗竿地のような狭い現場に対応できる重機などの機材を揃えている解体業者を選択すれば、機械力が使えるため、工期を短縮させることが可能となり、解体の費用を抑えることができます。

 

 

キャタピラの幅が油圧で狭く出来る優れもの 腕も長く伸びるので2階の屋根も解体できます。

解体業者の中には、条件の良くない工事に対応するために写真にあるような特殊な重機を揃えている業者もあります。
通常の重機にくらべ、購入価格が高価なため、すべての解体業者さんが所有しているわけではありません。

旗竿地の施工事例

 

 

解体した廃棄物は人力で小運搬作業

旗竿地の通路にトラックを停めておくことが難しい場合、敷地から離れた場所にトラックを駐車し、その場所まで小運搬しなければなりません。

車付けが良い現場ですと重機にて直接積み込みができますが、小運搬作業では運ぶだけではなく、トラックへの積み込みも人力となるのです。

重たいコンクリート基礎をトラックの荷台に持ち上げる作業も結構な重労働となります。

小運搬作業

また、駐車する場所が公道の場合では、道路使用の許可を受けなければなりませんし、交通誘導員の配置も必要となります。

旗竿地の施工事例

旗竿地の解体工事はトラブルになりやすい

旗竿地は、整形地に比べると隣家との距離が近い場合が多く、騒音や振動がダイレクトに響いてしまいやすく、近隣からの苦情を言われることが多くなります。

解体工事は、どうしても工事の性質状、一般的な解体工事でも近隣トラブルが多くあり、慎重に行う必要があります。
隣家との距離が近い旗竿地の解体工事では、更に気をつけて作業しなければなりません。

近隣とのトラブルを防ぐためには、何といっても事前の工事説明でご理解をいただき、協力してもらうことが大切なのです。

事前の説明では、どのような方法で工事を行うかの等を丁寧に伝え、クレームになりそうな作業に関しては作業前にしっかり説明して協力を仰ぎましょう。

まとめ

どうして旗竿地と呼ばれるのか?また、敷地の特徴やメリット・デメリットについてご紹介しましたが、如何だったでしょうか。

旗竿地は解体工事に限らず、建設工事を行うに際しても搬出入の手間がかかってしまう土地であるため、工事費が余計に掛かってしまうことはお分かり頂いたと思います。

また、工事の期間も長くかかるため解体業者と相談しながら工程を組むと良いでしょう。

旗竿地の解体工事では、狭い通路でも使える解体用の特殊重機などを備えた解体業者に依頼することが解体費用を抑えるうえでとても大切です。

また、向かいのお宅の車庫を使わせてもらったりする工夫をすれば、小運搬の費用が抑えられ、お安く工事を行うことも可能でしょう。

なにより、隣家へ悪影響を考えて対応してくれる解体業者さんを見つけることが理想といえるでしょう。

 

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です