【横浜で解体業者の選び方】安心できるポイントとは?

 

解体工事を依頼するとき、「どうやって解体業者を探すのだろう?」
「どんな会社が良い解体業者なのだろう?」と疑問に思うことがありますよね。

 

解体工事は決して安い買い物ではありません。

 

しかも、今までの思い出がある場所であったり、ずっと親しんでいた場所であったりすると、「解体」する業者を慎重に選ぶことはとても重要な作業でしょう。

 

今回は、解体業者を探す方法と、その業者が良い会社がどうかを見極める方法をご紹介します。

 

解体業者を探す方法

 

住宅等の建物を解体する場合、主に2つの方法から解体業者を見つけることができます。

 

地域の情報誌で探す

タウンページや地域密着の冊子など、解体業者の情報を載せているものがありますので、確認してみると良いでしょう。

地域に根差した企業なので、その土地の特性を知っていて、安心できるという利点があります。(石井商事は載せていません 汗)

しかし、タウンページや地域の情報紙等は参考にできる情報が少ないというデメリットもございます。

 

インターネットで探す

まさに今あなたがやられているように、インターネットで探している人もいらっしゃると思います。

インターネットには多くの情報があるだけでなく、お客様の声や口コミも参考にできるので、業者を探すにはとても良い方法です。

 

しかし、ホームページは情報を発信する側の一方的な発信情報ということもあり、なかには信頼性が低い情報があることも事実です。

 

当然のことですが、解体工事は商品を見てから選ぶことのできる物品の販売ではありません。

工事の質を見定めたうえで選べれば良いのですが、そうも行かないのが「工事業者の選定」なのだと思います。

 

では一体どうすれば良いのでしょう!

 

  • 自社の社員による作業
  • 自社にダンプトラック、解体重機を保有しているか
  • 会社の所在地は明確であるか
  • 実績はあるか
  • 経営者の顔が見えるか

 

私が確認した解体業者さんの中には、自社班をもっておらず「完全な丸投げ」の業者も多数存在しています。

このように下請けを使って工事を行ったときには、起きてしまったトラブル等も責任の所在がはっきりしませんし、中間マージンを引かれて安価な工事金額で請け負った「下請けの解体業者」が高額な産業廃棄物処理を適正に行われる保証も出来ないので注意してもらいたいと思います。

そして、依頼する解体業者のスタッフや経営者の顔が見えたほうが安心でしょう。
直接話しをすれば親近感も沸きますし、人間性も分かりますし信頼できるのではないでしょうか。

さらには、Googleマップで住所を検索してみて下さい。

優良と呼ばれる業者であれば、しっかりと社屋を構えて営業されているはずです。
アパートの一室だけで営業しているようでは心配になってしまいます。

 

信頼できる業者を探す方法

 

マージンを取らない業者を探すには

壊すだけなので「なるべく安くしてほしい」と考える方が多くいらっしゃると思います。

解体業者でも建築業者でも同じ手順でしっかりした工事を提供してくれるなら安い方が良いに決まっています。

住宅メーカーさんなどの建築業者さんは解体業者を下請けとして仲介料を上乗せしている場合があります。
相場では1割から3割の手数料がかかると言われております。

直接解体業者に依頼した場合では住宅メーカーさんなどの建築業者さんと比較してみると直接依頼する解体業者のほうが安いはずだと思います。

ですので、少しでも安い方が良いと思われる方は業者を探したり連絡したりする手間は掛かりますが、直接解体専門業者に依頼するのがベストだと考えます。

 

きちんとした書面にして説明される

「解体工事」を初めて依頼される方が多くいらっしゃるかと思いますが、解体をするにあたり、分からないことが沢山あると思います。

「解体の見積書を見るだけでは何が何だか分からない」
と思われている方がたくさんいます。

その疑問や分からないことを言葉だけでなく、丁寧に図面で説明してもらうようにしましょう。

施工計画図

疑問が残ったまま解体が始まってしまいますと、後々納得できなくてトラブルを引き起こしてしまうことがあります。

もちろん業者にも説明責任がありますので、言葉による確認ではなく、書面による確認作業をするような業者を選びましょう。

 

クレーム対応、事故について

 

解体工事は近隣の住民の方とのコミュニケーションがとても重要です。

クレームにも真摯に対応する業者どうか、事故が起こった際の保険に加入しているかも確認するようにしましょう。

 

対応の予定を厳守する

見積もり依頼を出して、すぐ見積もりが返ってくる。
確認しておきたいことを質問すれば、すぐ返答が返ってくる。
連絡をとっても、すぐに連絡がつく。

このような業者を選ぶにようにしましょう。

待ち合わせ時間、工事開始時間、終了時間、など時間や期限を守る業者は信頼できると言えます。

 

疑問に対し真摯に答える

何か分からないことがある場合には、曖昧に流してしまうのではなく、お客様は解体が初めてだと思って丁寧に回答してくれる業者は信頼できるでしょう。

例えば、解体は多くの廃棄物が出る作業です。
廃棄物は責任を持って処理しなくてはならないと法律で決まっています。廃棄物がきちんと既定の場所や施設で処理されないことがないように、解体業者は「マニフェスト」というものを使用しています。

それは廃棄物を適正に処理するための管理伝票です。

委託されたところがきちんと処理されているか、後を追って確認する書面なのですが、そのマニフェストは業者に頼めば受け取ることや見せてもらうことができます。

しかし、見せることに難色を示す業者があるようなので要望すればきちんと提示する業者を選びましょう。

 

まとめ

 

解体業者を選ぶためには、地域情報誌か、インターネットを使うことが有効です。

とくにインターネットはとても便利ですが、口コミなどの情報は信用性が低いこともあるので注意してください。

また、優良業者を選ぶ際には、見積もりをとったり質問をしたりして業者との信頼関係を築くことによってトラブルも少なくなるでしょう。

 

さらに、時間や期限を守れるかどうか、不自然な点をなくすために、言葉だけでなく書面でも説明してくれるかどうか、マニフェストを見せることができるかという点に着目することで、業者の信頼性が分かるようになります。

 

金額の大きな買い物の「解体工事」ですので、納得のいく工事をすすめるためにも、優良な解体業者を選ぶようにしましょう。

 

 

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です