解体工事の依頼の流れをご紹介します!

解体業者を考えている方の中には、

「解体ってどんな風にしているのだろうか?」
「解体のときには一気に建物を崩しているのかな?」

と疑問を抱いている方もいらっしゃるかと思います。

解体工事は実際には様々な工程から成り立っています。
今回は解体を考えている方のために、「解体工事」を詳しくご紹介します。

解体の流れとは?

まず、解体工事では建物を崩して片付け、平らな「整地」にするまでが仕事です。
整地にするには、次の用途に使えるように地面に埋まっているものも取り除く必要があります。

「解体」というと大きな重機で「ガサッ」と壊してしまうようなイメージですが、実は一つ一つ丁寧に手作業で取り除いていく作業も多くあります。

理由は二つあります。

一つは、安全に気をつけているためです。ガサッと工事をしようものなら建物が崩壊して作業員が危険にさらされてしまいますし、隣家の塀等を壊してしまった大変です。解体中の建物のバランスを考えながら慎重に解体していきます。

そして二つ目が、廃材をリサイクルしやすいように丁寧に建造物を取り壊していくのです。
取り外したものをリサイクルに回すため、ぐちゃぐちゃに混ぜてしまいすべてがゴミにならないように手間を掛ける分、作業の工程を多くしています。

内装解体の手順

・屋根部分

瓦屋根などを手作業で剥がしていきます。転落防止のため、親綱に安全帯をかけて瓦を一枚ずつ剥がしていくのです。
リサイクルのために、瓦を一枚ずつ剥がしていくので時間と労力がかかります。

・内装部分

内装部分の解体は内装の石膏ボードを、バールを使って剥がします。
他の資材と混ざらないようにするため、手作業で行います。こちらも根気と労力が必要です。

・内装撤去完了後

内装部分を綺麗に剥がすことができたら、重機を使って作業をしていきます。
ここからは建物を重機で崩していくので作業が一気に進みます。
ここでも作業はきっとみなさんが「解体」としてイメージをしているようなものだと思います。

外構解体の手順

外構解体は、一般的な住宅の場合は「庭」の部分の解体です。

例えば、住宅の建て替えをするときに車庫の位置を変更したり、玄関の位置を変えたりする際に、玄関や車庫の構造が邪魔になると思います。
外構解体とはそれらのしっかりした構造物を解体することです。

・ブロック切断作業

コンクリートカッターを使ってブロック塀を解体したり、周りのブロックを崩したりします。

・庭石解体

庭に大きな庭石がある場合、油圧ブレーカーという重機に付けたもので破砕していきます。
石の大きさが30センチ以下になるくらいまで割っていきます。

・カーボート撤去

アルミ製のカーボードなどがある場合、手作業で切断して解体します。
車両や重機の搬入経路を確保する前準備だったりします。

解体付帯作業

主に庭の周りの作業のことを指すのですが、建物内の不用品などを撤去する場合も、見積書には解体付帯作業等として記載されます。

・樹木伐採

あるご家庭の庭に生えていた桜の木を伐根しました。
大きくなりすぎてご近所に迷惑になった木を伐採するなどをします。

・池撤去

庭にある石で囲った日本庭園の池を撤去ししたり、大きな自然石を移動させ、池を埋めて整地にします。

・万年塀の撤去

高い塀であるため、地震による転倒対策ため解体することが多いものです。

この他にも、木の根っこを取り除いたりするなど、建物の解体工事以外に庭を整地にするための作業を行います。

解体工事が決まったらすることとは?

解体工事が決まると最寄りの建築指導課へ「建設リサイクル法」の届け出をする必要があります。
届出は工事が始まる7日前までと決まったいますのでなるべく早めに申請しておくと安心です。
一般的には、解体業者に委任して申請する方が殆どだと思いますので解体業者さんにお任せするとよいでしょう。

稀に届け出をせずに解体している法違反の解体業者もいるため、これを知っておくことで信頼できる業者かどうかを見分けることができます。

その他にもトラブルを避けるために事前準備をしなければなりませんので、確認しておくことをおすすめします。
申請が必要なものは全て合わせて4つあります。

1. 建築リサイクル法 申請
2. 道路使用許可 申請
3. ライフラインの停止
4. 建物滅失登記

上記の内ご自身でしていただくものは1,3,4ですが、1,3につきましては委任ができますし、4につきましては土地家屋調査士協会、司法書士に委任することができます。

この他に、ご自身では室内の片づけや引っ越しの準備が必要ですね。
リサイクル家電のテレビ冷蔵庫を片付けなくてはなりません。

まとめ

解体をしようと決めると、提出しなければならない書類や、申請しなければならないことがあります。
そして、解体が始まると手作業の場面が多く、丁寧な解体を心掛けています。

実際に建物があった敷地を更地にするまでには、様々な作業工程があるのです。

廃品はただ捨てるだけでなく、リサイクルをしているので他の建材と混ざらないようにし分けながら作業しています。

建物の解体を計画されている皆様!
是非、当社にご相談頂ければと思います。

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です