まるで夜逃げ状態!!生活残置物、賢い処分方法とは?

生活残置物を処分した施工事例

事前に話しは聞いておりましたが・・・まさか!ここまでだとは。

これは、これから解体工事をする現場に残されていた生活雑品、見積時に写したものです。

生活残置物というレベルを超えて、夜逃げのような状態になっています。
こんな事になったら一大事、そうならないために早めの準備で賢く乗り切りましょう!

残置物状況

 

生活雑品は一般廃棄物です

見ても分かるように、この状態では解体工事なんて不可能です。
では、これらをどうやったら片付けることができるのでしょうか?

『工事のついでに解体業者さんに片付けてもらいたい』そう考えるかたが多いのも事実ですが、家庭ごみの一般廃棄物を解体業者は処分が出来るのでしょうか?
答えは×なんです。
解体業者は産業廃棄物を運ぶ許可をもらってお仕事をしていますが、一般廃棄物の許可を受けていない業者がほとんどだからです。(横浜市では新規で一般廃棄物の許可は取得できないのです)

このようなことから、ふつうは一般廃棄物を扱うことは出来ないのです。
注.※一般廃棄物の許可のある解体業者もまれに存在します。

ですので解体業者に頼むというのは本来は出来ないとお考えください。
それでも無理やりお願いした場合はどうなるのでしょうね?

答えは、一般廃棄物を産業廃棄物として扱い、民間の産業廃棄物処分場に持ち込むことになるでしょう。
もちろん処分費が高いことで知られている産廃として処分するということは、びっくりする金額が掛かってしまうと思います。

 

下の写真を良く見ると本などの紙類が多いのがわかります。
と言う事は、分別さえすれば資源ごみとしてお住まいの地域のサービスで無料で回収してもらえるでしょう。
家庭ごみに出せるってことですね。

img_3432

 

 

大量のくつ類、これだって石井商事のある横浜市だと燃えるゴミとして無料で回収してもらえます。

下駄箱

 

 

この部屋もほとんどの物が無料で回収してもらえるものばかりです。

和室の残置物

 

 

 

ソファーや家具類は若干の料金はかかりますが、粗大ゴミで処分するのが賢い方法でしょう。

img_3422

 

 

 

この現場は、解体工事の始まる前の週に解体工事とは切り離して、産廃処理としてマニフェスト伝票を使い処分した施工事例となります。

4t車4台、8(m3)積載の大きなダンプにこぼれるほどの量、延べで40(m3)にも及びました。
掛かった費用は産廃処分で約50万円
もったいないにも程がありますね。

横浜市の例で見てみると、ベットのスプリングマットレスを産廃で処分すると持ち込みで5,000円、粗大ゴミだと引き取りに来てくれて2,000円で済みますから半分以下の費用で処分できるのです。

残置物積載状況

 

 

行政サービスを100%活用して費用を抑えましょう!

処理費の高額な産業廃棄物として処分をすることはお勧めできません。
もったいない事はやめましょう!

解体業者に頼むのであれば、一般廃棄物を扱えるか聞いてください。
ほとんどの業者は扱えないと思ったほうが良いでしょう。

『地域のサービスを利用して賢く処分することが一番安く処分する方法なのです。』

横浜市の場合では粗大ゴミの申請をしてから引き取りまでは2週間程度の時間がかかります。
地域によっても違いはあるでしょうが、時間に余裕をもって準備すれば行政のサービスを100%使うことが出来ますので大いに活用して頂きたいと思います。

 

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です