解体工事その前に!アスベストの危険性と処理方法とは?

家屋の解体工事を行う際には、様々な点に注意する必要がありますが、中でもアスベストについては、周囲の住民の方や解体作業を行う作業員に深刻な健康被害をもたらすこともありますので、最大限の注意が必要です。
また、アスベストが使われている家の解体作業に関しては厳格な法律があり、その手順に従って作業をしなくてはなりません。

とはいっても、建築の知識がないと自分の家にアスベストが使われているかどうか、どのように作業をしたら良いかなど、分からないことばかりですよね?
そこで、解体工事をすることを考えているのであれば、ある程度の知識を学ぶのはとても重要ですので、基礎的な情報を集めてみましょう。

アスベストとは?どんな建物に使われているの?

アスベストとは日本語で石綿と呼ばれるもので、断熱性や吸音性に優れる建築材料として盛んに使用されていた時期がありました。
とても安く使用できる建築材料で、その効果は高かったので様々な部分に使われていて、屋根や外壁、内壁、空調関連ダクトのカバーなど、あらゆる形で使われていました。

一見するとスポンジのようなフワフワとした質感で、主にその繊維を吹き付けたり、石綿が詰まったクッションのようなものを壁などに入れ込むことで利用することができます。

とても汎用性が広いのが特徴で、盛んに石綿が使われていた時期には、高層建築物から一般の住宅にまで使われていました。
しかし、石綿の解体作業を行った作業員や石綿の製造工場のスタッフに、深刻な健康被害が出てくることが後に明らかになり、その危険性が指摘されるようになりました。

調査を行った結果、石綿が人体に入ると肺や気管支に深刻なダメージを与え、肺炎や肺がんなどをもたらすことが分かってきました。
そして、徐々に石綿を建築材料として用いることへの規制が広まり、ついに全面的に使用が禁止される事態にまで至りました。

自分の家に石綿が使われているかを調べる

石綿の普及はとても広範囲に及び、日本全国で使用されていました。
それで、解体工事を行う際には、自分の家に使用されていないかを事前に調べる必要があります。

石綿の利用は昭和63年頃まで行われていましたので、もし建築時期がそれ以前であれば石綿がどこかに使われている可能性があります。
当時の設計図などを取り出して、使用されている建築材料をチェックしてみると良いでしょう。

もし、石綿が使用されているということが分かれば、その処理を行うことのできる業者に依頼することが必要になります。

石綿が自宅に使われていることが分かったら?

石綿が使われている家屋を解体するには、定まった手順で作業する必要があります。
まず、石綿の除去作業を行うということを届け出るために、いくつかの書類を労働基準監督署などに提出することになります。

この書類の提出は、たいていの場合処理業者が行ってくれますので、必要事項を確認するだけで大丈夫でしょう。
その後、工事の内容を記した看板を解体現場に設置して、近隣住民の方に周知することになります。

その際には、必ず直接近所の方の家を訪問して、あいさつと説明をすべきでしょう。
石綿の除去作業を行うということをはっきりと説明して、どんな対策を採るかを話すようにしましょう。

その後、解体業者は指定の養生シートを現場に張り巡らします。
このシートの養生がしっかりとしていないと、アスベストが周囲に飛散する確率が高くなりますので、確実に行うことが求められます。
そして、石綿の細かい繊維が風に乗って飛び散ることがないように、特殊な溶液を散布します。そして、アスベストが使われている部分の撤去を行い、石綿部分をかき落としていきます。その際は、作業員を保護するために、専用の保護服やマスクなどを使います。

その後、運搬しやすいように石綿を圧縮してまとめていきます。
こうすることで、繊維の飛散も防げますので、しっかりと圧縮することが大事です。

この作業が終わったら処理場に運んでいきますが、毎回の作業が終わるごとに、器具や現場周辺の足場などをしっかりと洗浄することが求められています。
器具などに付着した繊維が風で飛ばされてしまうこともあるため、丁寧に洗浄を行っていくことが重要です。

解体工事が終了したら、足場や重機、養生シートなどを撤去することになりますが、この際にも徹底した洗浄作業が必要となります。
石綿は細かな繊維が残っていても、作業員や周囲の方々に健康被害をもたらすことがありますので、完全に洗浄しなければならないのです。

まとめ

アスベストは断熱性や防音性に優れているため、1950年代から1980年初期までかなり用いられてきました。
高層建築物から一般住宅にまで使用されていましたので、昭和63年頃より前に建築された住宅の解体工事をする際には、しっかりと石綿を使った建築材料がないかを確認する必要があります。

もしアスベストが使用されているのであれば、処理を行える業者に依頼しましょう。

処理の手順としては、必要書類の提出や近隣への周知を行った後、養生シートによる保護を行います。
そして、専用の溶液をまいた後に丁寧に石綿をはがすとともに、作業ごとに徹底した洗浄を行うことになります。

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です