解体工事をする前に知っておきたい!よく起こるトラブルとは?

「古家付きの家を購入したけど、新築に住みたいし、一旦解体してリフォームしようかな」

このように、古家付きの土地を購入して、古家は使わないから解体してしまおうと考えている方もいらっしゃることだと思います。

せっかく引越しをするのであれば新築にすみたいと考えている方も多いでしょう。

古家付きの土地を購入して家を建てるなら、とうぜんですが古家を解体する必要があります。

 

解体するときに一番最初に考えるのが、解体工事の依頼先をどこにするのかということです。

 

しかし、多くの方は、解体工事を頼んだ経験がありません。

 

多くの方は、見積金額の安かった解体業者が良い業者と勘違いしてしまい失敗をしています

 

怖いことに適当に調べた業者に依頼してトラブルになってしまった話しは日常茶飯事のように聞こえてきます。

 

トラブルになって損をする人はいますが、決して得をする人はいないでしょう。

 

では、解体工事をする際によく起こるトラブルとはいったいどのようなものなのでしょうか。

事前に知っていれば、「こんなはずじゃなかった!」・「失敗した!」といったことも避けることが出来るでしょう。

今回は、「解体工事をする際に起こるトラブル」について書いていきたいと思います。

 

【解体工事で起こるトラブル】

●騒音や振動

解体工事で起こりやすいトラブルとは、いったい何でしょうか?

古家を解体する工事は、家という大きなものを解体するため大掛かりな工事となります。

解体工事をするうえで、騒音や振動はやむを得ないことです。

作業区域の境界線では85db以下で作業することが法律で義務付けられていますが、そのルールを守っていても近隣の方々の生活には迷惑を与えることになります。

だからこそ、周囲のみなさんの理解を得たうえで、丁寧な工事をすすめる配慮しなくてはなりません。

人が生活できるように丈夫に作られた家を壊すわけですから必然的に大きな音がしてしまいます。

解体工事をする際には、防音性のある養生シートをかけて解体の音が響かないように努力しますが、それでもすべての音を遮ることはできません。

住宅の解体では夜間に工事を行こなうことはありませんが、日中は工事の音が響きます。

最近では子供の声がうるさいと言ったトラブルもあったように、長い時間ずっと音が響いてればストレスを与えてしまうでしょう。

近くに住んでいる外出の少ない主婦の方や在宅ワーカーの方々にとっては、1日中ずっと工事の音を聞くことになるので事前の挨拶がとても大事になってくるのです。

 

●粉塵・埃

解体工事するときに注意すべきことは他にもあります。

家を解体するときはどんなに丁寧に散水しても、少なからず粉塵や埃が出てしまいます。

解体工事業者も養生シートを家の周りに張り巡らせる対策を施しますが、完全にシャットアウトすることはできません。

天気がよく洗濯日和であっても、近隣の解体工事で洗濯物が干せない環境になってしまうことでストレスとなってしまうこともあるでしょう。

住宅の解体工事でよく見かけるのが高さの足りない養生シートです。

一般的な2階建の住宅を覆うためには7メートルの高さが必要になりますが、6メートル以下で作業している解体現場を見かけます。
1mもシートが低くければ粉塵も舞うでしょうしなんの意味もなくなります。

このような意識の低い解体業者に任せてしまうと多くのトラブルに発展しやすくなってしまいます。

 

●依頼者と解体業者との認識違い

解体工事では、近隣住民とのトラブルになった事例を多く聞きますが、、、、

じつは、それ以外にも解体工事の依頼者と解体業者の認識違いによるトラブルがあるのです。

その代表例は、解体せずに残して欲しいものまで全部解体されてしまうというトラブルがあります。

今後も使う予定だった物置や、庭に生えている立派な木を切られてしまう可能性があるため、解体工事業者の方との打ち合わせは入念に行うことでトラブルを未然に防ぐか、そもそもお客様とのコミュニケーションを大事にしている解体業者に解体を依頼するといった対策をすることで、トラブルを防ぐことが重要になっています。

インターネットの普及によって、さまざまな人と直接顔を合わせずにコミュニケーションを取れるようになった最近の社会では、インターネットがなかった昔と比べて格段に近隣の人とのコミュニケーションの機会が減ってきています。

解体工事も一昔前だったなら近隣の人みんなが知り合いであるから近隣の人が解体工事をしていても知り合いだから我慢しようとなっていたのかもしれませんが、今は近隣との関係が薄いため少々の迷惑でも敏感に反応してしまっているのかもしれません。

このような現状から、解体業者はますます近隣の方々のために細心の注意を払っていかなければなりません。

近隣の住人とのトラブルを未然に防ぐためには、解体作業する前に業者の方が丁寧に挨拶周りをしていくことが特に重要となります。

騒音や粉塵のトラブルを完全になくすことは難しいのですが、私ども石井商事では丁寧に近隣の方にあいさつし、どこよりも丁寧に解体することを心がけています。

お客様とのコミュニケーションも心がけていますので、解体工事の業者選びでお悩みの方はぜひご相談ください。

 

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です