解体工事のお祓い「地鎮祭」って本当に必要なのでしょうか?

住宅の解体工事も終わり更地になった時にある伝統的な儀式「お祓い」が行われているのをご存知でしょうか?

このお祓いは、「地鎮祭」と呼ばれています。

 

地鎮祭を取り行うには神職(神主さん等)の方をお呼びして「お祓い」の儀式を行います。もちろん費用がかかります。

 

果たしてこの「地鎮祭」なのですが、本当にやる必要があるのでしょうか?

 

今回は、「地鎮祭とは何か」「地鎮祭の費用」「地鎮祭を行う必要があるのか」について書いてみました。

 

地鎮祭とは何か

 

地鎮祭とは、神職さんをお呼びしてこれから始まる建築工事が安全に行われること、ここの土地に暮らす人が将来も安心して暮らせるようにと、今までその土地に建てられてきた家に感謝をして、悪いことが起きないように「祈祷」する建築儀礼のことをいいます。

また、その土地にいる神様を祝い鎮める、土地に家を建てる許可を得るといった意味もあるそうです。

その地鎮祭は一般的には「じちんさい」と読まれますが、大和詞では「とこしずめのまつり」と呼ばれています。

地鎮祭の歴史はおよそ1300年前の持統天皇の治世に、藤原京という新しい都を造営する際に「鎮め祭らむ」儀式が行われたことが「日本書紀」に記されていて、これが記述されている中での最初の地鎮祭と言われています。

古代のおいてこの儀式は神道の儀式だけではなく、東大寺金堂といった仏教寺院でも儀式が行われていたものと推測されます。

しかし、この地鎮祭は中世においてはあまり普及していなかったようです。

 

地鎮祭が普及しだしたのは江戸時代の後期ごろで、住宅の建築技術が大幅に進歩した結果、庶民レベルで家の方角や間取りが家族の吉凶を左右する「家相」の考え方を人々が重要視するようになって家の関心が高まったため、地鎮祭が普及したのだと言われています。

この地鎮祭は、解体工事が終わり新築建築に入る前に神職の方をお招きして、土地の神様にお供え物と祝詞を捧げます。

 

このようにお祓いをして土地を清めて工事が何事もなく進むように祈って施主が始めの鍬や鋤を入れることが全体の流れになります。

地鎮祭をすることによってご自身の心の中に安心感が生まれ建築後も安心して暮すゆとりができるのです。

「日本人の気持ち」なのだと思いますが、一般の住宅建築でも地鎮祭を行う方が多いようです。

地鎮祭は神主さんをお呼びして建築儀式を行うのですが、解体工事をする前にも魂抜きというお祓いを行います。

神棚や井戸、仏壇には神様が宿ると言われていて、これらを壊したり移動させたりするのには魂をあらかじめ抜いておく必要があります。

神棚は神社の神主に、仏壇はお寺の僧侶にそれぞれ魂抜きを頼むようにしましょう。

 

地鎮祭の費用

 

では、地鎮祭の費用はいくらくらいかかるのでしょうか?

神主さんに儀式が終わった後にのし袋に入れてお金を渡します。

地域によっても違いがありますが、おおむね3〜5万円くらいとなります。

地鎮祭に監督さんや職人さんが出席することもありますが、その時にはご祝儀は出さず、上棟式で渡すのが一般的でしょう。

しかし、上棟式を行わない家もあるため、上棟式を行う予定がないならばご祝儀を出す方がよいでしょう。

職人さんに出すご祝儀の相場は、棟梁と現場監督に1万円〜5千円、その他5千円〜3千円ほどとなっています。

ご祝儀以外にも神職の方の交通費や諸々の費用を含めると合計10万円程度は見込んでおいた方がよいでしょう。

 

地鎮祭を行う必要があるのか

 

このような地鎮祭の儀式を果たして行う必要が本当にあるのでしょうか?
その答えは、「やってもやらなくてもいい」です。

1300年も前から行われている「神聖な儀式」だからやった方がいいという意見もありますし、10万円もの費用を支払うのが馬鹿らしいからやらなくてもいいのではないかという意見もあります。

どちらの意見も間違いではないため、地鎮祭は「やらなくてもいい」のです。

やってもやらなくてもいいのですが、、、、

なにもせずに工事を進めて、後になって不安になるくらいなら 地鎮祭はやっておいた方がいいと思います。

地鎮祭を行わずに新築の建築工事を行い、不運にも事故にあって建築を断念しなくてはならなくなった場合の後悔は長く続きます。

また、自分では地鎮祭を行わなくてもいいと考えていても、周りの人がやった方がいいというのであればその意見を尊重した方が良いでしょう。

 

まとめ

今回は解体工事の後に行われる「地鎮祭」という儀式について具体的にご紹介しました。

結論を言うと地鎮祭はやってもやらなくてもいい儀式です。

 

しかし、日本は昔から神様に感謝して生きてきた民族であり、このような儀式が伝統的に大切にされてきました。

予算に組み入れることが出来るのであればで「地鎮祭」を行うことをお勧めいたします。

安心とは「心が安らぐ」と書きます。

費用と時間は掛かりますが、「地鎮祭」を行うことによって、心穏やかに暮らせる家になるのではないでしょうか。

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です