家の解体を少しでも安くするためのポイントとは

家の解体を少しでも安くするためのポイントとは

借地を更地にして返すにしても、家を同じ土地に建て替えるにしても、解体工事をする必要が出てきます。
当然のことですが、できるだけ工事にかける料金を安くできれば、その後のプランに資金を用いることができますので、より安く工事を施工してくれる会社を探して、できるだけトータルで作業を安くしたいものですね。

そのためにはどんな点に注意したらよいでしょうか?

解体業者に直接依頼する

住宅を取り壊す際、多くの人が住宅施工会社に依頼して、そこから取り壊しを専門に行う会社に下請けという形で作業が委託されるという形を採っています。
確かに、契約や見積もり、いろいろな作業をまとめて行ってくれますので、より簡単に工事を進めることができます。

しかし、コストという面からすると、メリットよりもデメリットが多くなりますので注意が必要です。
というのも、直接工事を行う業者の間に会社が入り込めば入り込むほど、管理費がかかってしまい、よりコストが膨らんでしまうのです。

そのため、できるだけ自分で住宅の取り壊しを行う会社を探して、直接依頼する方が良いでしょう。
そうすることで、よけいな管理費が発生せず最低価格に近づけることができるのです。

そして、一つの会社だけでなく、複数の会社に見積もりを取ってもらうことも大事です。
というのも、取り壊しの工事には、高額な産業廃棄物の処理費がメインのコストとなるため、施工会社の持ち込む処分場の違いによって費用の差が出やすいからです。

二つ以上の会社の見積もりを比べてみると、何十万円もの金額差が出るということもあり得ます。そのため、信頼できる会社を複数選んでじっくりと比較することがとても重要なのです。

信頼できる業者を選ぶようにする

解体工事を行う際に問題となるのが、いい加減な会社に依頼してしまってトラブルになるということです。
いい加減に作業を進める会社だと、近所とのトラブルが起きやすくなりますし、事故などによって物理的な損害をもたらす可能性も高くなります。

さらには、廃棄物の不法投棄を行っているという業者も中には存在します。
もちろん、こうしたケースでは会社自体の罪なのですが、廃棄物の出所を調べる段階で、どの家の廃棄物かが調べられ、施主様に疑いの目が向けられることもあります。

結果として、たくさんの手間がかかり、場合によっては無駄な出費を強いられる可能性もあります。
そのため、信頼できる会社と契約するというのは、コストを下げるという意味からも重要なことなのです。

信頼できる業者を見極めるためには、産業廃棄物管理票を見せてもらうという手があります。
これは、今まで解体した現場の廃棄物をどの処理場に持っていき、どのように処理したかということを証明する書類です。

法的にしっかりとした会社であれば、この書類を必ず持っていて定められた期間保管しています。顧客という立場にいるのであれば、その書類を見せてもらうことができますので、契約を進める段階で書類を見せてもらうと良いでしょう。
この書類を整備していない場合は、ほとんどのケースで不法な方法で廃棄物を処理していますので、いくら値段が安くても契約しない方が良いでしょう。

自分でできることはできるだけ行う

一軒の家を解体するには、たくさんの作業と手続きが必要になります。
そのため、多くの会社では、面倒な手続きや作業を代行してくれます。

たとえば、ガスや電気、水道を止める手続きであったり、細かな荷物の整理や処分といったものです。
もちろん、仕事などで忙しく自分では全く行う時間がないという場合には、会社に依頼してしまった方が楽になりますが、コストという観点から考えると、できるものはできるだけ自分たちで行った方が良いでしょう。

特に、電気や水道を止める手続きなどは簡単に行えますので、ちょっとインターネットでどのような手続きをしたらよいかを調べて、役所などに行けばいいだけですので、それほど長い時間はかかりません。

また、引っ越し作業や不用品の処分も、あらかじめ時間を取り分けておき、ゆっくりとでもいいので自分たちで行うようにしましょう。
特に、不用品の処分については、リサイクルショップなどに依頼して買取をお願いすることもできます。

物によってはまとまった金額で引き取ってもらえることもありますので、節約につながりますし、エコにも役立てることができます。
まずは、自分たちが作業に充てられる時間を計算してみて、自分たちでどのくらいまでできるかを考えて、できることは可能な限り行ってみるようにしましょう。

まとめ

家の解体を少しでも安くするためには、まず住宅施工会社などを通さずに、直接解体会社と契約を結ぶことが肝心です。
そうすることで、余計な管理費を払うことなく、最低価格で工事を依頼することができます。

その際には、信頼できる業者を選ぶことが肝心です。そのために、廃棄物をどのように処分しているかということを証明する書類を見せてもらうなどして、法的に正しい仕方で業務を行っているかをチェックできます。
こうした確認作業によって、余計なトラブルを避けることができ、結果的に無駄な出費を払うことが無くなります。

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です