初めての方へ

私たち石井商事は、横浜市にて解体工事・外構工事・土木工事を専門に行っている工事会社です。1963年に創業、82年から本格的に工事専門でお仕事をさせていただくようになり、現在では6社の大手ハウスメーカー様とお取引をさせていただいております。

こちらのサイトにご訪問いただいているということは、あなたは近々解体工事をしたいと考えていらっしゃる方だと思います。
解体工事は人生において、そう何回も経験する工事ではないですよね。
ですから、「どんな手配をすればいいのだろう」「どのくらいの金額がかかるんだろう」「不誠実な業者だったらどうしよう」とわからないことや不安・心配ごと、たくさんありませんか?

でも大丈夫!

まさに今あなたがやっているように、インターネットで検索すれば、しっかりした業者なら自社のWebサイトから情報発信を行っていますし、解体工事にまつわる知識が掲載されたブログ記事もたくさんヒットします。
弊社でも、自社サイトのリニューアルにあたってこの業界に関係するサイトをたくさん拝見しましたが、同業者の私たちから見ても本当に役に立つ記事がたくさんあります。
これらにしっかり目を通していれば、大きな失敗をすることはまずないと思いますので、どうぞご安心ください。

そんな中・・・一つだけ、少し気になることがありました。

それは、解体工事業界のサイトを見れば見るほど、“この業界には不誠実な業者がたくさんいる”ように見えてしまうということです。

確かにひと昔前は、法令を守らずに不法投棄をする業者や、工事を引き受けてから追加、追加で費用を請求するような常識を欠いた業者の問題があったことも事実です。同じ業界にいる人間としてとても残念だし憤りを感じます。
でも、そんな悪い会社の話も最近はほとんど聞かなくなりました。これらの業者を取り締まるために法律が整備されたり、悪いことができない仕組みが作られているからです。

だから、あんまり心配しないでくださいね。

むしろ今の時代、解体業者が法令を遵守するのはもう当たり前になってきています。この業界全体が、一つ上の段階に差し掛かっているのですね。
ですから、これからは「お客様にどんなサービスができるか」「どうしたらもっと喜んでいただけるか」というホスピタリティーの精神が解体業者にも必要だ、と石井商事では考えております。

解体工事様子
解体工事様子
解体工事様子

業者選択の6つのポイント

上記でもお伝えした通り、会社のWebサイトなどを調べれば、その業者がどの程度のコンプライアンス意識を持っているか、どんな姿勢で工事を行っているかはなんとなくわかるかと思います。ですから最低限の“悪いことをしなさそうな業者”は見つけたという前提で、そこからさらに業者を選択するポイントを挙げてみます。

1.会社として信頼してもらえるように企業努力をしているか

とても基本的なことですが、まずは会社としての信頼度を確認しましょう。
免許や許認可を持っているのは大前提のこととして、会社の所在地もグーグルマップなどで確認してみることをおすすめします。
たとえば、検索した会社の住所が単なるアパートの一室だったり空き地になっているという会社よりも、しっかり社屋を構えている会社のほうが信頼度は高く感じられますよね。
お客様に余計な不安を与えないために、こうした会社の状況を整えることも大切な企業努力の一つです。

 2.工事に関する質問にしっかり答えてくれるか

お客様からの質問すべてに回答できるとは限りませんが、お客様が不安になるほどしどろもどろになってしまうようでは少々不安です。
対応するスタッフ個人の問題もあるとはいえ、安心感を与えられない担当さんがくる会社はあんまりおすすめできません

 3.コミュニケーション、説明がわかりやすいか

たとえば、手続き上でどんなに適正な処理ができていても、意思疎通がうまくいっていなかったせいで大切な記念樹を切られてしまった・・・となったら、これは決していい工事とは言えません。
こうしたミスは、打ち合わせやコミュニケーション不足が原因です。話しやすい、わかりやすい担当さん・作業員が来てくれるということはとても大切です。

 4.自社の社員が工事をするか

どんなにWebサイトにいいことが書いてあっても、工事を下請け会社に丸投げしているとしたらとても心配です。私だったらこういう業者は選びません。
実際に施工する会社が、元請け業者とまったく同じ姿勢でお仕事をするとは限らないからです。
もちろん中には下請け会社さんに厳しい検査基準を設けて管理している会社もあるかもしれませんが、万が一トラブルが起こった場合でも元請けさんがしっかり対応してくれるということを事前に確認しておく必要があります。

 5.知識が豊富であるか

法令遵守を掲げている会社が、その法律を本当に理解したうえで守っているかどうか、というのはとっても重要なことです。
ルールを守ろうという気持ちがあっても、法律のことを広く深く知っていなければ、悪気なく違反をしてしまう可能性があるからです。
自分たちの業界に関わる法律のことですから、しっかり知識を身につけておいてほしい部分です。

6.経験や実績があるか

現場経験が豊富でたくさん実績のある会社はやはり安心です。
車両・重機・その他の機材、資材もしっかりと所有しています。
多くのお客様と接し様々な工事を行うことで、技術は磨かれ、作業はスピーディーに美しく、不測の事態にも柔軟な対応ができます。

解体工事で注意が必要なのは“壊したものは決して元には戻らない”ということです。
ですから、丁寧な打ち合わせや工事中にもちょっとしたコミュニケーションが取りやすい関係性は本当に大切だと感じます。

業者選びに困ったら、ぜひ上記のポイントも参考にしてみてくださいね。

お客様の声

お客様の声

施工事例

施工事例

ブログ

解体知恵袋