鉄骨架台の解体工事【神奈川県横浜市旭区】

解体工事の施工事例

あまり見ることのないめずらしい鉄骨の架台です。

重量鉄骨のH鋼で組み上げた架台、めずらしいのは、その上に木造2階建住宅が建っていたことです。

宅地が道路より1m20センチ程低いため、このような架台をつくり、道路の高さまで宅盤をあげる工夫をしたのだとおもいます。

rimg0454

床下の状況です

 

建物上屋の撤去が終わり、奥の部分からデッキプレート上のコンクリートをはつります。

rimg0478

 

 

 

コンクリートを撤去し、デッキプレートをめくり剥がすとH鋼が見えてきます。

rimg0480

 

 

 

ガス溶断機を使い順番に切断していきます。

ガス溶断1

 

小割りしたコンクリートをスコップ等で集めます。

rimg0500

 

 

デッキプレートを重機でめくり上げているとこです。

rimg0485

 

 

 

切ったり剥がしたりをくり返し、手作業と機械作業を併用しながら進めていくのです。

rimg0481

 

 

 

鉄骨の架台と住宅を支えるため、基礎コンクリートもしっかりした作りになっていました。

rimg0518

 

 

 

宅内の土砂を寄せて重機搬出用のスロープを作成。

rimg0525

 

 

 

綺麗に整地して撤去作業は終了となります。

rimg0531

 

 

 

道路より敷地が低いので、しっかりと転落防止の養生をおこない、工事中の汚れを水洗いし、すべての工事が完了となりました。

rimg0529

ご近所のみなさまには解体工事に際し、大変御迷惑をお掛けいたしました。
また、工事に対しご理解・ご協力をいただきまして誠にありがとうございました。

 

 

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です