解体工事費用を抑えたい!かしこく抑えるには?

解体工事費用を抑えたい!かしこく抑えるには?

古くなった家屋を解体して同じ土地に新しく家を建てるにせよ、その更地を売却するにせよ、解体工事にかかる費用のことをしっかりと考えて、上手に予算を立てなければなりません。
一般的に解体工事費用は高額になりがちですので、できるだけ安く抑えることができたらとても助かるものです。

とはいっても、どのように解体工事費用を安くできるかのノウハウがないと、何をどうした良いかすら分からないものですよね?
そこで、具体的にどんな方法でコストを削減できるかを考えてみるようにしましょう。

複数の見積もりを現地調査をした上で出してもらう

解体工事費用を安く抑えるうえで基本となるのは、見積もりの段階でできるだけ安くあげる方法を探ることです。
そのためには、一つの解体業者だけでなく、必ず複数の解体業者に見積もりを出してもらうように依頼しましょう。

解体工事にかかる費用は、ある程度の相場というものはありますが、業者によって上下の幅が大きいので、必ずいくつかの見積もりを比較してみる必要があります。
その上で、より安い費用で見積もってくれた業者の詳細を他の業者に提示して、価格交渉することもできます。

一社だけの見積もりでは平均価格が見えてきませんし、価格交渉をしようにもその材料となるものがありません。

また、見積もりを依頼する時には、現地まで実際に来てもらって調査をした上で価格を出してもらうことも肝心です。
見積もりだけだと、電話などで土地の大きさや家屋の大きさ、建築年数、建築材料などの聞き取りを行うだけで価格を算出する業者が多くいます。

もちろん、ある程度の目安を気軽に出すという意味ではとても良いのですが、正確かつより安い見積もりを得ることはできません。
業者側も損が出ないように、ある程度本来の予想額に上乗せをしているからです。

しかし、実際に現地に来てもらって、施主様と一緒に解体する家屋を見た上で見積もりを出せば、より正確な額に近づきます。
少々面倒で時間がかかるという面もありますが、できるだけ現地での調査をした上で複数の解体業者に見積もりを出してもらうようにしましょう。

解体工事を行う業者に直接依頼する

家屋の解体を行う際には、その後に住宅を新築するケースが多く見られます。
その場合、新しい家を建てる住宅メーカーが古い家の解体工事も請け負って工事全体を管理することがあります。

もちろん、一つの会社が工事の流れ全体をコントロールすることで、より工程がスムーズに行くことは事実ですし、いろいろなトラブルを避けるために役立ちます。
しかし、費用の面から見ると、住宅メーカーに解体工事を依頼することで、より割高になってしまう傾向があります。

というのも、ほとんどの場合、住宅メーカーが解体工事を請け負っても、そのメーカー自体が解体工事を行うことはないからです。
その工事を下請けに出して工事をしてもらうことになります。そのため、下請けに出す分の管理費が生じることになります。
どのくらいの管理費が生じるかは会社によって異なりますが、1割から3割くらい割高になることが多いでしょう。

こうしたことから、住宅メーカーに解体工事を依頼するのではなく、自分で解体工事を行っている業者を探して、直接契約することで解体工事費用を抑えることができます。
その際には、信頼できる業者を選ぶことが重要です。
費用が安いというのも重要なポイントですが、信頼できる業者を選ばないと、解体工事の場合は大きなトラブルに発展してしまうことがあります。

廃棄物を不法に投棄したり、近隣住民の方とのトラブルに発展してしまうこともあります。
時に訴訟沙汰になったり、刑事問題になることもありますので、業者選びには慎重さを期すことが大事です。

自分でできることは自分でできるだけする

他にも解体工事費用を安く抑える方法がいくつかあります。まず、解体工事をする前の不用品の処分をできるだけ自分で行うということです。
家の中にはたくさんのものがありますので、手間がかかりますが、これをすべて業者に依頼するとかなりの出費となります。

少なくとも、生活用品や小さな家具や家電製品の処分くらいは自分たちで行って、無駄な出費を抑えるようにしましょう。
また、リサイクル業者に依頼して、家具や使える家電などの買取を依頼して、解体工事費用の足しにすることもできます。

さらに、建物を解体した後に行う滅失登記などの手続きを自分で行うこともできます。司法書士などの専門家に依頼すれば、確実ですし楽に届け出を済ますことができます。
しかし、かなりの金額がかかりますし、時間をかければ自分でも行うことができます。少しでも費用を浮かせるために、できることは自分で頑張ってするようにしましょう。

まとめ

解体工事費用を抑えるためにできることとして、まず見積もりを複数の業者にしてもらうことが重要です。
そして、その見積もりは実際に現場まで来てもらって土地や建物を調査した上で出してもらいます。

また、住宅メーカーなどに依頼するのではなく、直接自分で業者を探して契約することで、管理費を浮かせることもできます。
そして、不用品の処分やいろいろな手続きを自分ですることによっても、かなりの費用を抑えることができます。

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です