解体工事のお祓いって必要?それとも不要?

解体工事のお祓いって必要?それとも不要?

多くの土地では、習慣やそれぞれの信条に基づいて、解体工事を行ったり家の新築工事を始めたりする前に、お祓いをすることがあります。
住宅メーカーの営業担当の中にも、こうした儀式を勧めてくる人がいます。

しかし、こうしたお祓いは本当に必要なのか、と考えてしまうこともありますね?
そこで、どんなお祓いの形があるのか、実際にその必要性があるのかどうかを見てみることにしましょう。

お祓いの種類にはどんなものがあるの?

建物の解体や新築に関係する儀式としては、主に二つのお祓いがあります。

一つは地鎮祭というものです。
これは、更地に新たに建物を建てる際に、工事の安全を祈願したり、建物自体の安全を願って行う儀式です。

土地の地割を行った後に行うことが多く、神主が呼ばれて工事関係者と施主様、そのご家族と一緒に祈願を捧げます。
簡易な式で終わることもありますが、地方によっては近所の人などを呼んで大がかりな集まりとなることもあります。

地鎮祭にかかる費用は、どの程度まで大きなものにするかによって異なります。
神主さんと工事関係者、施主様のご家族だけというものであれば、4万円から6万円というのが相場となっています。
これに加えて近所の方々などを招待するのであれば、飲み物代やお弁当代などが加算されることになりますので、10万円台となるでしょう。

地鎮祭の儀式自体は1時間程度で終わりますし、テントを張るなどの準備もお任せできますので、施主様に大きな負担がかかることはあまりありません。

地鎮祭の他には、魂抜きと呼ばれるお祓いの種類もあります。
これは、井戸や神棚、仏壇などを移動したり壊したりするときにするものです。
こうしたものには神様が宿っていると考えられていますので、動かす際にも壊す際にもお祓いをする必要があると考えるのです。

この魂抜きもやはり神主さんを呼んで行ってもらうのが通常です。
費用は神社やものの種類によっても異なりますので、事前に尋ねてみるのが良いでしょう。

大まかな相場としては、5万円前後となっています。
地鎮祭とは異なり、特にいろいろな人を呼んで行うこともなく、神主さんと土地の所有者だけで行うことがほとんどです。

この魂抜きは、単に神様の気持ちを静めるという目的だけでなく、今まで土地や家の安全を守ってくれたことに感謝を示すという意味合いもあり、今まで住んできた人がぜひ行いたいという気持ちを言い表すこともあります。

お祓いをすることは必要なのか?

このように、地鎮祭にしても魂ぬきにしても、それぞれに意味があります。
しかし、これらの儀式は必要不可欠というものではなく、完全に施主様の意見によって決定されるべきものだと言えるでしょう。

特に、宗教的な意味合いが強い儀式ですので、異なる宗教を奉じているのであれば、こうした儀式を行う理由はないでしょう。
実際に、地鎮祭などの儀式を行うのは、日本を含めて少数の国々だけで、欧米諸国では一般的にこうした習慣はないとされています。

自分たちの信条に合うかどうかを考えることが大事です。
また、ご家族にも相談してみんなの意見も聞くようにしましょう。

自分はしなくて良いと考えていても、しきたりを大事にされる傾向が強い年配の方などは特に魂抜きなどのお祓いをしなくてはいけないと考えることもあるからです。
逆に、家族それぞれが違う信条を持っているのであれば、それぞれの考えに配慮できるように、しっかりと話し合って決定を下す必要があります。

このように、地鎮祭や魂抜きなどの儀式は、それぞれの家庭で決めるべきものであって、必要だと考えればすることになりますし、信条の違いなどから不必要だと考えればする必要はありません。
どのような決定にするにしても、たいていの場合は工事業者が聞いてきますので、早めに決定を伝えるようにしましょう。
というのも、地鎮祭や魂抜きをするにも準備が必要ですし、このための時間を工事日程の中に組み込まなければならないからです。

特に解体工事を行う際には、魂抜きをする予定であれば、その儀式をしてからでないと作業に着手できなくなってしまいます。
また、施主様がどこに儀式を依頼したら良いか分からない時は、解体工事業者が神主さんを手配することが多いので、事前に聞いておく必要があるのです。

まとめ

解体工事や家屋の新築工事を行う際には、地鎮祭や魂抜きといったお祓いを行う習慣があります。
これらは、工事の安全を祈願するものですし、工事後に住むことになる家やご家族の安全を祈るために行われます。

地鎮祭にかかる費用の目安としては、4万円から6万円というところでしょう。

魂抜きはケースによって異なりますが、5万円前後というのが多く見られます。

こうした儀式は、それぞれの考えや信条によって決めることですので、それぞれが必要と判断したら行うことになります。
一つの家族でもメンバーそれぞれの意見が異なることもありますので、執り行うかどうかを決める際には、家族みんなで話し合うようにしましょう。

また、こうした儀式は工事の日程に影響することもありますので、決まった段階で早めに解体工事業者に伝えるようにしましょう。

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です