解体工事の見積りの時に立ち会いをした方が良い理由とは?

解体業者を決める場合には、いくつかの業者に見積もりを出してもらって最も条件の良いところと契約することになります。
その見積もりを出してもらう時には、現地に来てもらって立ち合いの上で計算をしてもらった方が良いでしょう。

しかし、どうして解体する家屋の情報を伝えるだけでは不十分なのかと疑問に思ってしまうこともありますよね?
そこで、立ち合いのもと見積もりを出した方が良い理由と、そうしなかった場合のリスクを考えてみることにしましょう。

後から追加で料金を請求されることがなくなる

解体工事でたまにあるのが、工事の途中もしくは工事が終わってから追加で料金を請求されることです。
当初の予定にはなかった作業をする必要が生じた、特殊な建築材料を使っていたので余分に作業が必要になったなどの理由で、高額の追加料金を請求してくる業者もいます。

もちろん、建物を解体して基礎部分を壊していたら、地中から予期せぬ埋蔵物が出てきたという、本当に予測不能なこともありますが、たいていの場合は、しっかりと事前の調査をしていれば防げる事態です。

特に、現地調査の際には施主様が立ち合いをして、建物の大きさや構造、建築材料、土地そのものの大きさや周辺道路の状況などを一緒に確認すれば、後から考えていなかった作業が必要になったと言われても、その調査でしっかりと確認したはずだと主張することができます。
調査の際にいろいろな要素をきちんとチェックして費用を計算するのは、プロの解体業者としては当然のことですので、追加料金を請求されても拒否することができるでしょう。

より正確な金額を算出してもらえる

工事費用の予想を計算する前に現地調査をすることによって、より正確な価格を算出することができます。
解体工事は実際に建物や土地の状況を見てみないと正確には費用を計算できません。
もちろん、建物の大きさや建築材料などからある程度の予測は出せますが、現地調査をした上での見積もりのようにはいきません。

そのため、全体の費用をしっかりと算出するために、必ず解体業者に現地まで足を運んでもらって、施主様立ち合いの下で計算してもらうようにしましょう。

そして、現地で施主様立ち合いのもとで計算をしてもらい正確な費用を出してもらうことは、多くの場合費用削減につながります。というのも、聞いた情報だけで予算を出す場合、損をすることがないように、たいていの場合は実際の金額よりも少し上乗せして予算を提出するからです。
しかし、現地を実際に見て算出する場合は、この保険となる部分がなくなりますので、安い金額を提示することができます。

解体作業の進め方や解体後の土地の用い方の面でのメリットが生まれる

解体業者は、たくさんの解体工事を行ってきたプロですから、現地を施主様と一緒に見ることで、いろいろなアドバイスをしてくれます。
たとえば、住宅密集地に解体予定の建物があるのであれば、どのように騒音や粉じんなどを出さないようにして、周囲の方々への迷惑を最小限に抑えられるかを考えることができます。

また、解体工事に必要な重機やトラックの出入りの方法や、工事期間中の重機の保管場所などをすぐに決めることもできます。
さらには、解体後の更地をどのような状態にしたらよいかも聞くことができます。

一般的には、山砂で覆うか砂利を敷くかの仕上げ方があり、それぞれにメリットがあります。更地にした後に住宅を新築するか、駐車場として使用するかによっても仕上げ方が異なりますので、プロの意見を聞いておくとよいでしょう。
こうしたことも、一緒に現地を見ることによって可能になりますので、必ず解体業者には現地で一緒に調査をしてもらうようにしましょう。

こうしたプロの意見はとても参考になり、更地にした後の売却価格に影響することもあります。
素人が考えるのと異なり、経験に基づいてより実際的なアドバイスを与えてくれることもありますので、いろいろ聞いてみると良いでしょう。
特に、更地をどのように仕上げるかということは、その後の価値を決める上で大きなポイントとなることもありますので、意見を聞いておいて損はないでしょう。

まとめ

解体業者に見積もりを出してもらう時には、必ず施主様が立ち会って現地で一緒に調査を行うようにしましょう。
そうすることによって、見積もりの価格以上に追加料金を請求されることがなくなります。

工事途中や工事終了後に追加料金を請求してくる業者は、聞いていた情報とは違う事態が生じて、どうしても作業を追加しなければならなくなったという主張をしてくるものです。
しかし、施主様と業者が一緒に現場を見て確認をしておけば、そのような主張は通らなくなります。

また、より正確な見積もりを提出してもらうこともできるようになります。
立ち合いのもと調査をしていないと、いろいろなケースに備えてある程度の額を上乗せしていることが多いのですが、現場をしっかりとチェックしておけば、確実な金額を出せるようになります。結果として、より安い値段で解体工事を行えますので、とても重要なポイントと言えるでしょう。

こうしたメリットがありますので、必ず立ち合いの下現地を見てから見積もりを出してもらうようにしましょう。

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です