解体工事の騒音対策ってあるの?

解体工事の騒音対策ってあるの?

一般住宅にせよ大きめの建物にせよ、解体工事をする際の大きなトラブルとなるのが騒音です。
建物を解体する際には、どうしても重量物が崩れて倒れたり、物が落ちたりしますので騒音が生じます。

しかし、実際の工事でどのくらいの騒音が出るのかも分からないので、近所とのトラブルに発展してしまうのではと考えてしまうこともありますね。
では、どんな騒音対策を採ることができるのでしょうか?

ご近所への挨拶と説明をしっかりとする

解体工事に伴うトラブルというのは、ほとんどが現場のご近所との問題です。
そのため、あらかじめしっかりとご近所へ挨拶をして、迷惑をかけてしまうことがあるということを説明することで、トラブルを減らすことができます。

いくら騒音対策をしたとしても、完全に騒音をなくすことはできませんので、結果的に一番効果のある方法は、このご近所への挨拶をしっかりとして理解を求めるということになるのです。

そのため、工事が始まる2日から5日位前にはご近所への挨拶を済ませましょう。
その際には、解体会社の担当者と施主様がどちらも、もしくは一緒に挨拶回りをするのがベストでしょう。

そうすることで、誠実な気持ちを伝えることができますし、工事に関する詳細な点についての説明をするのも楽になります。
また、解体現場に重機が入るので振動や騒音が通常の解体現場より大きくなることがある、トラックが出入りするので、その騒音も生じるということを説明しておくことで、ある程度心の準備をすることができるというメリットもあります。

どんなに丁寧に作業をしても、騒音が出ないということはありえませんので、こうした説明はトラブルを引き起こさないためにとても重要なのです。

作業自体の騒音対策

家の構造や大きさによって重機を使うことがあります。
重機を使うことでよりスピーディーに作業を進めることができますし、多くの場合作業員の安全を守ることにもつながります。
しかし、重機の作業は重機そのものが出す音に加えて、解体する時の音が大きくなりますので、騒音のトラブルが起こりやすくなります。

そのため、住宅地で重機を使う際には、低騒音型の重機を選ぶようにしなければなりません。
また、重機の作業をできるだけ丁寧に行うようにして、工程のスピードや効率の良さだけを重視しないようにすることも大事です。

そのためにも、重機作業のための監視員もしくは騒音や安全に関するガイドラインに通じた監督を設けることも重要な要素となってきます。

騒音が外に漏れないような対策を採る

いくら作業自体を丁寧にしたとしても騒音が出てしまうのは避けられないことです。
そのため、騒音を外部にできるだけ漏らさないような騒音対策も必要になってきます。

そのために、防音シートを現場周囲に張り巡らすのが一般的となっています。
このシートを張ることで、騒音を軽減するともに、粉じんを周囲にまき散らさないようにも助けられますので、解体工事においては防音シートを張るのが半ば常識となっています。

養生シートにはいろいろなタイプのものがありますが、防音性に優れたものも多いので、解体工事の際には、特に防音性を重視したシートを使用する必要があります。
しっかりとした解体業者であれば、養生シートの材質や張り方に通じていますので、最善の騒音対策を施すことができます。

安全管理やトラブルに関する意識の問題

騒音を始めとする解体工事に関するトラブルは多くの場合、しっかりと作業員全体が意識をすれば避けられるものです。
周りへの影響や施主様の考えなどを良く考えて、慎重に手順を踏んでいけば、何かしらの問題があったとしても、それが大きなものに発展することは少ないのです。

たとえば、騒音がトラブルになることが多いのは、朝や夕方の時間まで大きな音を出して作業を進めているケースです。
現場と周りの家との距離が短い、密集した住宅街であれば、少し遅めの時間に作業を始めて、少し早めに作業を終了するだけで、周りからの印象はかなり変わってきます。

トラックの出入りも、通勤や帰宅の時間にかぶらないので、近隣住民の迷惑になることも少なく、トラックの騒音が問題にすることもなくなります。

また、重機の操作にしても、人力による解体作業にしても、騒音が出てしまうと周りに迷惑をかけてしまうという意識を持っていると、より丁寧に作業をするようになります。
このように、一人一人の作業員の意識が大きな違いとなって現れるのです。

そのためにも、解体会社自体が作業員に、安全管理や起こり得るトラブルに関する意識を強めるように働きかけることが、一番の騒音対策となります。

まとめ

解体工事をする際には、現場に質の高い防音シートを張り巡らすことや、低騒音型の重機を使うなどの騒音対策をする必要があります。
また、丁寧に作業を進めることや、早朝、夕方遅くの作業を避けるなどの配慮することによっても、周囲の住民からのクレームを減らすことができるでしょう。

しかし、何といっても、解体会社がしっかりと作業員一人一人に騒音を始めとする様々なトラブルの原因についての教育をして、注意事項を徹底させることが、意識の向上につながり問題を減らす要因となります。

また、工事を始める前に、周囲の方々に挨拶と説明をしに回ることによって、実際に騒音が生じてもトラブルに発展するのを防ぐことになります。

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です