中古住宅を解体して自分好みの新築へ!でもどうすれば・・・?

中古住宅を解体して自分好みの新築へ!でもどうすれば・・・?

不動産情報を見てみると、土地の売却の中に、中古住宅付きの土地が販売されていることがあります。
この中古住宅付き土地というのは、あくまで土地がメインで、そこに古い家が建っているということを表すことが多くなっています。

売主が住宅をそのままにした状態で土地を売り出していますので、住宅を新築するためには古い家を取り壊す必要があります。
この場合は、どのような点に注意して土地を購入して解体したら良いのか迷ってしまうことがありますよね?

そこで、いくつかの注意事項を確認して、気に入った土地に住宅を問題なく建てられるようにしましょう。

解体のためのコストがどのくらいかかるかをあらかじめ計算する

中古の家が付いている土地というのは、更地にしているものよりも安く売りだされているケースがほとんどです。
家が付いていて取り壊しのための費用を買主が負担する分、土地の値段を下げているということになります。

そのため、お得に土地を購入して新しく家を建てるためには、解体のためのコストがどのくらいかかるかを調べなくてはなりません。
もし、取り壊しの費用がかなり高くなってしまうのであれば、いくら土地自体が安くなっていても無意味になってしまいます。

住宅の取り壊しにかかる費用はいくつかの要素からなっています。
まず、家屋の大きさや使われている建築材料、築年数などです。

また、土地自体の大きさや周りの道路の状況なども重要なポイントです。
解体には重機が使用されたり、廃棄物を運搬するためにトラックが出入りしますので、十分な広さがないと工事自体が難しくなってしまうからです。

土地の購入を決める前に必ず何社かの業者に見積もりを依頼して、どのくらいの費用が必要となるのかを調べるようにしましょう。

中古住宅付きの土地を購入する時に気をつけたいこと

現在家が建っている状況であっても、その家を取り壊して新たに住宅を建てることができない土地というのもあります。
その当時の家を建てた時には良かったものの、条例や法律が変わって同じ条件では家が建てられなくなってしまうこともあるからです。

また、道路の幅員変更など、まわりの環境の変化によっても建築条件が変わることも考えられます。
このように新築ができない土地のことを再建築不可物件と言い、不動産価値が低いものの象徴となっています。

再建築不可物件であっても、条件によっては新たに家を建てられるケースもあります。
正面の道路から距離を開けて家を建てるとか、建物自体の面積を小さくするなどの対策を採ることによって新築が可能になります。

ただ、こうした建築条件の確認は素人には難しいので、法律の専門家に尋ねるのが無難でしょう。

さらに、地中埋設物が出てくるという可能性についても考慮しておくと良いでしょう。
中古住宅を解体した後に、土地の中からゴミや廃棄物などが出てくるというケースです。
こればかりは実際に解体作業をしてみないとわからないこともあり、当初の見積もりだけでは費用が収まらず追加料金が発生することになります。

極端に土地の値段が安くなっている場合には、不動産会社は言わないものの地中埋蔵物がある可能性が考えられます。
あまりにも相場からかけ離れた額で販売されている不動産には気をつけた方が良いでしょう。

いかに解体費用を安くできるかがカギとなる

こうした問題をクリアできるのであれば、中古の家付きの土地を購入した後、取り壊しを行い家を新築することになります。
その際には、できるだけ費用を抑えられるように、取り壊しの費用を圧縮できるように努めましょう。

自分で直接業者を探して契約をすることで管理費の発生を抑え、より安い価格で工事を進めることができます。
また、建物を解体した後に行う滅失登記を自分の手で行うことにより、司法書士に支払う費用を浮かすこともできるでしょう。

このような努力をしてできるだけ取り壊しのコストを減らし、その分を新築のために用いることができます。

まとめ

古い家が残っている状態で売りに出されている土地というのは意外に多くあります。
買主が解体費用を分担する代わりに、土地自体の値段が安くなっていることもあり、上手に探せばお得に土地を購入して、そこに新築住宅を建てることができます。

その際には、古い家を取り壊すためのコストがどのくらいかかるかをチェックするようにしましょう。
そうすることで、安めに売られている土地がどのくらいお得になるかを見られるでしょう。

そして、購入前に古い家と同じ条件で新しい家を建てられるかの確認もしておきましょう。再建築不可物件だと、いろいろな制限がありとても面倒になることもあります。
さらに、地中埋設物が取り壊し後に発見されることもあります。もちろん、これはまれなことではありますが、業者が取り壊しの見積もりをする際には気づきにくいことですので、生じてしまうと大きな損失を被ることになります。

あまりにも安い価格で売りに出されている土地などは、こうしたことにも気をつけて購入を決める必要があるでしょう。

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です