低価格な解体業者に要注意!不法投棄はあなたにも責任が・・・

解体工事を依頼するときは、当然低価格であればあるほどうれしいものです。
しかし、あまりに低価格で工事を請けようする業者は、悪質な行為をする不誠実な業者である可能性もありますので注意が必要です。

不法投棄をしているなど、法律に抵触する行為をしていると依頼主にも責任が及ぶこともあります。
しかし、どのように不誠実な業者を見分けることができるのかと言われると、難しいものですね。

そこで、悪質な行為を行う業者の特徴を調べて、注意点を探ってみることにしましょう。

見積もりは必ず複数の会社に依頼する

解体業者を決める際には、必ず事前に現地を見てもらって見積もりを出してもらうことでしょう。
その際に、通常はこのくらいの費用がかかるけど、特別に何割引きのこの料金でいいよ、とかなり低価格の金額を提示されることがあります。

一見するとかなりお得な費用なので、工事のコストを抑えられるという気持ちになってしまうかもしれません。
しかし、あまりに安い見積もりを提示してくる業者には注意するようにしましょう。

というのも、解体工事は何らかの建築材料を購入する必要はないとはいえ、最低限かかる費用というのがあるからです。

第一に挙げられるのが高額な廃棄物の処理費用です。
また、重機のレンタル代や重機搬送費用、トラックのガソリン代や人件費などです。
こうした費用は意外とバカにならず、トータルでの工事費用の大部分を占めます。

そのため、見積もりを出してもらう時は必ず複数の会社に依頼するようにしましょう。
そうすることで、一定の相場というものを知ることができて、あまりにも安すぎる工事費用の怪しさが分かることでしょう。

また、かなり安い金額で見積もりを出してきたところがあれば、その金額の詳細を示して、他の会社にこのくらいの費用で実際に工事が請け負えるのかを聞いてみるのも良いでしょう。
本当に営業努力で低価格になっているのであれば、料金の交渉材料とすることができますし、不誠実な業者であればその金額のおかしさを指摘してくれることでしょう。

なぜあまりにも低価格な金額を提示してくるのか

不誠実な業者がなぜ最初に他ではありえないような低価格を提示してくるのかというと、いくつかの理由が考えられます。
一つは、その見積もりで仕事をとにかく請け負って、工事が終わった後に、いくつもの追加工事が発生したなどと言って、追加料金を請求してくることがあります。

その追加料金がそれなりの額になってしまい、結局のところ他の解体業者よりも高額の工事費を取ろうとするのです。

また、工事をいい加減にして、見えない基礎部分の解体をしっかりとせず放置しておくというケースもあります。
一見するときれいな更地に見えますが、追加工事をしなければならなくなり、結局高い工事費を払わなければならなくなるのです。

不法投棄をしている解体業者に当たると大変なことに

そして、一番怖いのが、追加料金の支払いは必要ないものの、解体業者が出てきた廃棄物を不法投棄しているというケースです。
不法投棄の罪は結構重く、解体業者は社会的制裁だけでなく、刑罰を受けることになります。

そして、不法投棄が怖いのは、実際に犯罪行為を働いた業者だけでなく、依頼者にも罪が及ぶことがあるという事実です。
不法投棄という犯罪に加担したとみなされて、刑罰を一緒に受ける可能性も捨てきれませんので、知らなかったでは済まされない事態に陥ることもあるのです。

不誠実な業者に当たらないために

こうしたことを避けるためにも、あまりにも低価格な工事費を提示してくる解体業者には警戒するようにしましょう。
また、解体会社は必ずマニフェスト伝票という、産業廃棄物をどのように処理しているかを証明する書類を持っています。

業者の選定をする際には、必ずその書類を見せてもらうようにしましょう。
書類を見せてくれないような業者は、不法投棄をしているなど、何らかの後ろめたいことをしている可能性がありますので、契約を避けた方が無難でしょう。

また、見積もりをしっかりと書面にしてもらい、会社名やサイン、捺印込みで提出してもらうというのも良い方法です。
工事が終わった後、不当な追加料金を請求されるのを防ぐことにつながります。

そして、今までの工事現場の様子を実際に現地に行って見てみるか、写真で見せてもらうのも良いでしょう。

汚いブルーシートのみで現場を囲っているような解体業者は、仕事をいい加減に行う危険がありますので、注意が必要です。
しっかりした業者は、見た目も良く防音シートでしっかりときれいに現場を覆っているものです。

まとめ

工事費用は安く済ませるに越したことはありませんが、あまりに低価格の見積もりを提示してくる解体業者には注意が必要です。
工事が終わった後に、いろいろな理由をつけて最初の見積もりよりはるかに高い追加料金を請求してくるがあったり、手抜き工事を行ったりする可能性があります。

また、不法投棄をして廃棄物の処分費用を浮かせている可能性も否定できません。
不法投棄が発覚すると、業者だけでなく依頼者にも罪が及ぶことがありますので、しっかりと信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です