解体工事の日程が決定、でも引越しの方法がまだ決まってません!

 

自宅を建替えることになり、不動産屋で仮住まい先を見つけました。

次は引越し方法の検討をしなくてはなりません。

ほかにも、荷物の梱包や粗大ゴミの処理など決めなくてはいけないことが沢山あります。
おそくても引越し日の1ヶ月まえから準備をはじめるのが良いと言われています。

ここでは、具体的にどのような引越しの方法があるのかを考えてみましょう。

 

引越しの方法とは?

引越しには大まかに言うと三つの方法があります。

  1. 自力、知人・友人・親戚などの協力で。
  2. 荷造りなどは自分で。搬送のみ業者へ。
  3. 全て業者におまかせのパック

 

自力でやるのか、引越し会社に依頼するのか、そしていつやるのか、なるべく早く方針を決定することがスムー ズな引越しへの第一歩となります。

 

自力での引越し

 

解体工事まえの引越
自力で行う場合は、レンタカー手配と人手の確保が必要となります。
さすがにお馬さんでは難しいとおもいます。笑

エアコンの取り外しをどうするかも考えておく必要があり、素人がやるにはちょっと危険ですね。
電気屋さんの手配も考えておきましょう。

「レンタカー代+ガソリン代+手伝ってくれた人への謝礼+諸経費」が自力引越しの費用となります。
すべてが友人特価で利益なしの原価となりますので、安く上げるには、もってこいの方法です。

しかし、手伝ってくれる人数が多くなると楽チンではありますが、それだけお礼に出費がかさんでしまい、逆に割高になってしまうということも有り得ますから気をつけてください。

そして、本当に自力で出来るのか?という点を良く考えて慎重に検討してみてください。
自力でやるには、やはりそれなりの努力・労力が必要となります。

 

引越し会社を頼む場合

解体工事前の引越業者選定

業者を頼む場合は、まず見積もりをとり業者の決定をしましょう。

引越し業者に連絡をいれると営業の方が見積もりに来てくれますので面倒くさがらずに数社からの見積もりをとってください。
ダンボールが必要か?荷造りはだれがするのかなど同じ条件で見積をとることが大切になります。

荷物が多い場合や引越し先が遠方の場合ですと、やはりプロに任せてしまう方が安心です。

当然のことですが、引越し業者の人は、荷物の搬出・搬入などのスピードには目をみはるものがありますし、トラックやバンに上手に荷物を詰めていくだけでも、素人には難しいものです。

大掛かりな引越しになる場合には、荷造りは自力でしても、搬出・搬入はプロの手を借りた方が無難でしょう。
また、万が一の場合の補償などもありますので、高価な家具や品物を任せてもそれだけ安心です。

 

荷物の整理整頓

解体工事までの引越し作業

引越しの時には不用品も多く出てきます。
もう何年も着ていない洋服や靴、以前の引越しから開けてもいない荷物などはありませんか?

この機会が不用品を片付けるチャンスだと考え、不用なものはなるべく処分することで引越し自体も楽になりますので思い切って断捨離(だんしゃり)するのも良いかもしれません。

引越し業者によっては、有料ではありますが家財道具の処分を行っているところもありますので相談してみるとよいでしょう。

 

粗大ゴミの手配

解体工事前の粗大ゴミ手配

粗大ゴミの処理は、案外手間がかかるので早めに対応しなくてはいけません。

お住まいの市区町村の粗大ゴミ受付センターへ回収を依頼、日時の予約が必要となります。
毎日受け付けていない地域もあると聞きますし、ハイシーズンなどは特に気をつけましょう。

石井商事のある横浜市では依頼から引き取りまで約2週間くらいが目安となっているようです。

地域によっても違いはあるでしょうが、 スーパーやコンビニで粗大ゴミの処理券を購入し、収集日に名前を記入して貼って出す方法が多いようです。

但し、家電リサイクル法の対象家電(洗濯機、冷蔵庫、エアコン、ブラウン管式のTV)は粗大ゴミとしては出せませんので、専門の業者に引き取ってもらう必要があります。

まだ充分に使えるものであれば、知人にあげたり、リサイクルショップ等の活用も考慮してみてくださいね。

まとめ

引越しには3つ方法があります。

荷物の量や引越し先までの距離などを考えて引越方法を検討しましょう。

費用が一番かかりますが、引越し業者にすべてをまかせるのが、万が一の時の保証もあるので安心できます。

友人が多く、費用を抑えたいなら自力引越しに限ります、労力もかかりますが友達との関係がさらに良くなることも期待できるでしょう。

不要品の処分は、粗大ゴミや普段のゴミ回収を利用するのが一番安くて費用を抑える方法ですので、手間を惜しまずにがんばりましょう!

また、思い切って断捨離(だんしゃり)する絶好のチャンスですし、荷物が減れば引越しも楽になるでしょう。

どちらにしても、充分に検討して無理のない引越しをしてもらいたいと思います。

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です