工事完了までの流れ

お問い合わせから施工までは、下記のような流れで進みます。

STEP1. お問い合わせ・ご相談

解体工事に関するご質問・ご相談や、その他「他社さんでこんなことを言われたけどアドバイスが欲しい・・・」など、お気軽にお問い合わせください。お電話が苦手な方はお問い合わせフォーム からも受付しております。
ご相談、お見積もりは無料、しつこい営業など一切行っておりませんので安心してお問い合わせください。
arrow

STEP2. 現地調査・お見積もり

現地調査お見積もりを希望される場合、現地調査をさせていただきます。
中にはお電話で概算見積もりを出す業者さんもいるようですが、より正確な費用を算出するために、石井商事では現場を拝見させていただいております。
お客様のご都合がよろしければお立会いいただき、建物の内部状況も把握できればさらにお見積りの精度があがります。
また、合わせてお庭など外構の解体の有無や近隣の状況なども確認いたします。
お問い合わせの際にお見積り希望とお伝えいただければ、なるべくお客様のご希望に合わせておうかがいするようスケジュールを調整いたします。
arrow

STEP3. お見積書、その他資料のご提出

お見積書、その他資料のご提出現地調査で得た情報に基づいて、お見積書を作成しご提出いたします。
石井商事では、正確な工事内容をお客様としっかり共有するためにお見積書と合わせて「解体工事施工計画図」をお渡ししております。撤去する箇所や残す部分などを図面に明記することで、お見積書の項目にどんな作業が含まれているのかもわかりやすくなります。お見積もりに加えて、これらの資料についても心配なことやご質問があれば遠慮なくお問い合わせくださいませ。
arrow

STEP4. ご契約

ご契約お見積書の内容にご納得いただき、工事を進めたいという希望をいただきましたら、正式にご契約となります。弊社よりご契約書を2通郵送させていただきますので、ご捺印のうえ1通を返信用の封筒に入れてご返送ください。

arrow

STEP5. 書類提出

書類提出取り壊す建物の延床面積が80㎡以上の場合、建設リサイクル法という法律が適用されます。この法律では、着工前に各自治体に
①届出書 ②分別解体等の計画表 ③委任状 ④付近見取図 ⑤建築物全体の写真 ⑥工程表 などの書類を提出するよう義務付けられています。
(横浜市は適用範囲が拡大され80㎡以下でも書類を提出する必要があります。)
これらの書類の作成を代行し、提出します。
arrow

STEP6. 近隣挨拶

近隣挨拶解体工事が円滑に進められるよう、着工前に私たちが近隣の方のもとにご挨拶にうかがい工事の説明をいたします。
工事が始まると、たとえどんなに注意を払っていてもご近所の方には多少のご迷惑をかけたり、ご協力をお願いしなければいけないことが出てくる場合があります。お客様とご近所の関係が悪くなるようなことがないよう、私たちもしっかり配慮いたします。
ご挨拶には、工事期間や弊社の連絡先を明記した挨拶状と粗品をお持ちしておりますので安心しておまかせください。
もしお客様のご希望があれば、一緒におうかがいすることも可能です。お声がけください。
arrow

STEP7. 引込配管、配線の撤去の手配

引込配管、配線の撤去の手配解体工事を行う前に、建物の電気やガス、電話、水道などの引込配管や配線の処理をする必要があります。

①電気
電力会社に停止の連絡を入れて、電気メーターや引込線の撤去を依頼します。建物を解体する旨を伝えると話がスムーズです。
②ガス
都市ガスであれば、ガスメーターの閉栓・撤去、ガス管の地境切断を依頼します。プロパンガスの場合は、ガスボンベを撤去する必要がありますので、それぞれガス会社さんに連絡します。
③電話(CATV等)
引込線の撤去が必要なので、各会社に依頼します。
④上下水道
水道に関しては、工事中の防塵のために使用させていただく場合があるので案件ごとに対応が変わります。
また、メーターは撤去しないよう気をつけてください。

いずれの手配も、事前にお客様とご相談のうえ方法を決めております。ご心配であれば、その都度ご案内をさせていただきますので焦ってご用意しなくても大丈夫です。また、浄化槽や便槽等は専門の清掃業者に依頼をすることになりますが、「どうしよう」と迷うようでしたら、遠慮なく私たちにご相談ください。

arrow

STEP8. 足場養生の組立

足場養生の組立解体工事は、高所での作業が伴うため、まず、足場養生の組立を行います。その際、シートや防音シートをかけ、騒音やホコリを防ぎ、近隣の方への迷惑を最小限におさえます。
arrow

STEP9. 分別撤去

分別撤去たたみ、サッシ、断熱材、建具、瓦、内部造作、住宅設備機器、石膏ボード、不要品など、手作業で撤去できるものを廃棄していきます。
リサイクル処分が可能なものはしっかり分別し、環境に優しい解体工事を目指します。
arrow

STEP10. 建物本体の解体、廃材の搬出

建物本体の解体、廃材の搬出壁、屋根、梁、柱などが残った上屋を解体します。ホコリが舞い上がるのを防ぐため水をまきながら作業を行います。上物がなくなったら基礎を掘り起こし撤去していきます。
廃材はその都度片付けながら、キレイに手順良く作業を進めます。
この段階になると、重機による作業もありますので防音・振動などご近所の方にもしっかりした配慮が欠かせません。
また、工事期間中は現場の作業環境や状況に柔軟に対応し、終始万全な安全対策を心がけます。
arrow

STEP11. マニフェストのご提出

マニフェストのご提出解体工事現場から出た廃棄物がどのように処理されたかを記載するマニフェストを作成します。お客様の大切にされていた建物や使用されていた不要品などが不法投棄されないよう、石井商事が責任を持って廃棄いたしますのでご安心ください。
arrow

STEP12. 地中の確認、整地、お引き渡し

地中の確認、整地、お引き渡し解体工事が終わったら、廃材が地中に残っていないか、またその下にコンクリートがないかなどを確認します。
その後、地面を平らに整地し、お客様の用途に合わせて砕石を敷いたり、アスファルト舗装などを施します。
お客様にお立会いいただき、契約通りの状態になっていることをご確認いただき、お引き渡しです。このときに滅失登記に必要な書類を提出させていただきます。もしご希望があれば提出代行も行っておりますのでお気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在では6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。