石井商事の外構工事『G-stone』

外構工事部門『G-stone(ジーストーン)』の公式サイトはこちら

解体工事と外構工事の関係

解体屋さんが外構工事をするのはなぜ?

「壊す仕事をしている解体屋さんに“作る”仕事ができるの?」と思われるかもしれませんが、解体と外構、土木工事を一手に引き受けている業者は意外とたくさんあります。その理由としては、これらの工事に必要とされる大型トラックや重機などの機材が揃っていることが挙げられます。

たとえば弊社では下記のような重機を保有しております。

3tダンプ 6台 3t重機 1台
3tアームロール 1台 4t重機 2台
4tダンプ 4台 7t重機 4台
4tアームロール 3台 14t重機 2台
7t重機運搬車 1台 21t重機 1台
重機
大型トラック
外構工事にこれら全てを使うわけではありませんが、たとえばカーポートの設置や、門壁・塀を作るとなると材料の運搬にはある程度大きなトラックが必要になってきます。しかしトラックや重機は非常に高額で簡単に用意することができないため、必然的に私たちのようにすでに持っているところが外構工事を行うケースが多いのです。

解体工事を行っている会社に外構工事をお願いするメリット・デメリット

ここで考えなければいけないのは工事の品質です。

たとえば、「調理器具を一式持っているので、やろうと思えばいつでも料理が作れます」という人と「調理器具はもちろん揃っているし、料理に力を入れているので本格的に作ります」という人、どちらのお料理が美味しくできるでしょうか?

圧倒的に後者の人が作ったものを食べてみたいと思いますよね。
解体業者が行う外構工事というのは、このたとえ話でいうと“料理”にあたります。

外構専門の会社があることからもおわかりいただけるように、外構工事は機材を持っていれば誰でもできるという簡単な工事ではありません。
しっかり本腰を入れて取り組んでいなければ、仕上がりに差が出てくるのは当然ですね。
ですから、メリット・デメリットをしっかりおさえて「やろうと思えばできます」という会社ではなく、「本気で取り組んでいます」という会社を選ぶ必要があるのです。

メリット

  • 解体工事と合わせて依頼すれば、業者選定の手間が省け、窓口が一つになるので工事を進めるのが楽になる
  • 解体前の建物の位置関係や地面の状態(水はけなど)がわかるので、新しく作るお庭の設計に的確なアドバイスがもらえる
デメリット

  • 社内に専門スタッフがいない会社は、デザインや植栽のプランニングが苦手な場合がある
  • ご提案内容の説明がスムーズにできない場合がある

石井商事では、外構工事部門『G-stone(ジーストーン)』を立ち上げ、外構工事にも真剣に取り組んでおります。
上記のデメリットに備えて外構工事専門のスタッフがお客様のご対応を行います。最新のCADシステムを導入し、施工前に平面図・立面図・パース図等を見ながらオリジナルプランをご提案。
お客様と完成イメージをしっかり共有して、ご要望に沿ったお庭をお作りしております。

平面図・立面図・パース図 見本

平面図・立面図・パース図 見本

セット割でお得に外構工事をしませんか?

おかげ様で外構工事の評判もよく、年間施工件数90棟の実績があります。
洋風・和風のご希望を叶えるのはもちろん、エクステリア商品も幅広くお取り扱いしておりますので、外構工事のご依頼も大歓迎です。
こちらのwebサイトをご覧いただいた方には、解体工事と外構工事を一緒にお申込みいただくと割引になるキャンペーンもご用意しております。
お気軽にお問い合わせください。

施工例

擁壁写真

擁壁写真

法面になっていたところを大きく掘り込みコの字型の擁壁を造りました。親子でやっている職人さんの息のあった作業、腕前、見事ですね。ピカピカの擁壁になりました。

アプローチ

アプローチ

敷レンガで縁取りをし曲線を描きやわらかさを出しました。フロアビーズと乱形の石英岩で表面を仕上げたウッドデッキに向かうアプローチです。

ウッドデッキ

ウッドデッキ

別荘地で使うような基礎をつくり、本物(木製)のウッドデッキを造りました。やはり天然木はあたたかみを感じます。※人工樹脂の木製調の製品もあります。

外構工事の流れ

外構工事の流れ

お気軽にご相談ください

井上
私たち石井商事では、外構工事・解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在では6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

外構工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。