家の解体期間ってどのくらい?業者探しから工事完了までの目安

家の解体期間ってどのくらい?業者探しから工事完了までの目安

家を解体することになったら、どこの解体業者に作業を依頼するか、どのくらいの時間がかかるかを確認する必要があります。
特に、解体した後に家を新築したり、その土地を売ったりする予定であれば、はっきりとした予定がないと、次の予定に影響が及んでしまいます。

少なくても、事前にある程度の情報を入手しておくと良いでしょう。
とは言っても、工事の経験がないと目安をつかむのも難しいものですね。

一般的にどのくらいの時間を解体工事のために考えておいた方が良いでしょうか?

工事期間はある程度余裕を持って予定を立てておく

解体工事にかかる時間と一口に言っても、それにはいろいろな要素が含まれます。
まず、工事自体の時間だけでなく、解体業者を選ぶためにいろいろな情報を集めたり、見積もりを比較したりする期間がかかります。

この解体業者の選定はしっかりとしないと、解体工事に伴うトラブルに見舞われてしまったり、工事期間が無駄に長引いてしまったりと、後悔の種になりますので、慎重にじっくりと探すようにしましょう。
どのような要素で決めるかは、施主様の考えもありますが、やはり会社の意識や考え方、担当者の人柄などをじっくりと見ることが必要でしょう。
信頼できる会社かどうかというのがとても重要なのです。

また、複数の会社、少なくても2社以上の会社に見積もりを出してもらって、じっくりと比較することも大切です。
相場はある程度存在するものの、解体工事は会社によって金額差が結構出ますので、複数の見積もりを出すことでよりお得に工事を行うことができます。

こうした検討のためには会社との話し合いも必要になりますので、一か月の期間は見た方が良いでしょう。

解体会社が決まったら、具体的な工事の日取りを決めることになりますが、目安として事前に2週間ほどの余裕を取っておく必要があります。
この2週間は、解体をする家の整理に充てることになります。

リサイクル会社に不用品を処分してもらったり、売れるものを売ったり、新しい家に持っていくための引越し手続きをしたりする必要があります。
家の中の物を整理するのはかなり大変な作業ですので、2週間でも足りないと感じる人もいます。
できればしっかりと余裕を持って片付けのための期間を取り分けておくことと、早くからちょこちょことでも構わないので整理を進めていくと良いでしょう。

そして、工事に着手する前に、いろいろな手続きをする必要があります。
ガスや水道、電気などの中止手続きを役所や関係する会社に依頼することになります。

さらに、ご近所へのあいさつなどもこの時間を利用して行うことになります。この準備期間に1週間ほどを見ておきましょう。

家の片づけ、手続きと前準備が終わるといよいよ解体工事となります。
この工事期間は、10日から2週間程度を目安としておくと良いでしょう。

もちろん、家の大きさや構造などによっても数日の差が生じることがありますので、事前に解体業者と明確な予定を打ち合わせておくと良いでしょう。
この工事スパンを目途にして、ご近所へのあいさつや新居建築などの予定を立てることができるでしょう。

また、別の場所に仮住まいをするのであれば、どのくらいの間賃貸契約を結べば良いかを検討しましょう。

具体的な解体期間の算定

解体工事にかかる時間は、10日から2週間となっていますが、建物に使われている材料や大きさ、構造によって異なりますので、ある程度の情報を把握しておくと良いでしょう。
たとえば、平均的な30坪程度の大きさの木造住宅であれば、10日程度で解体が終了します。
これより大きかったり、処理に手間がかかる構造や建築材料を使っていたりすると、より時間がかかることになります。

また、小さ目の敷地の場合などを中心に、現在では一般住宅の解体は人力で行うことが多くなっています。
廃棄物の処理分別に関する基準が厳しくなっていますので、重機ですべてを一気に解体するという方法が採れなくなっているからです。

特に、屋根材料が瓦である場合は手間がかかりますし、内装材料によってはさらに手間がかかることもあります。
瓦や内装の撤去を人力で行うための平均的な解体工事スパンとしては、およそ5日という目安でいると良いでしょう。

一方で、重機で撤去作業を行うことができれば、よりスピーディに進められます。
建物自体を撤去するのに必要な日数は5日から7日となり、人力で行う場合の半分となります。

もちろん、期間短縮のことだけを考えれば重機作業が一番いいのですが、作業スペースの問題や、建物の構造や材料によってできる場合とできないケースがありますので、事前にしっかりと解体会社と話し合うようにしましょう。

まとめ

このように、解体工事が完了するまでには、いくつかのプロセスがあり、それぞれにそれなりの時間がかかります。
まず、解体業者の選定のために1か月、会社を決めることができたら、いろいろな手続きと近隣挨拶のために1週間がかかります。

そして、前準備が終わって工事自体が始まりますが、人力で作業を行う場合は、2週間から3週間を見ておきましょう。
重機を使う場合でも、10日から2週間程度となります。
トータルでは、2か月が最低期間となります。

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です