安心して家の解体を依頼できる解体業者の判別法

安心して家の解体を依頼できる解体業者の判別法

解体工事に関するトラブルは近所との摩擦を引き起こし、面倒なことになるばかりか、廃棄物の違法投棄などに関係してしまうと、刑事問題にまで発展することがあります。
そのため、安心して家の解体を依頼できる解体業者を見つけなければなりません。

とはいっても、どんな業者が信頼できるところなのかを見分けるのは難しく思えますよね?
そこで、いくつかの信頼できる業者の判別法を見てみることにしましょう。

すべての書類をしっかりと持っているか確認する

建物の解体工事を行うにあたっては、関係する役所に届け出を出したり解体業者として登録をする必要があります。
そのため、契約をする前に必ずこうした書類を見せてもらうようにしましょう。

業者としての登録を済ませているかということと、マニフェスト伝票と呼ばれる書類をきちんと整備しているかを確認するのです。
このマニフェスト伝票とは、建物の解体によって生じる廃棄物をどのように処理したかということを示す書類のことです。

中間処理場はどこで、最終処理場はどこだったかということを、それぞれの処理場の責任者の名前と捺印付きで確認することができます。

このマニフェスト伝票は、最低でも5年間は保管しておくことが義務付けられています。
それで、契約についての話し合いをする時に、マニフェスト伝票を持っているかどうか尋ねて見せてもらうと良いでしょう。

依頼者はこの書類を見せてもらう権利がありますので、見せるのを渋るようであれば注意が必要です。
もし、この書類をしっかりと整備していないのであれば、廃棄物を不法投棄している可能性が出てきますので、誠実な業者とは言えないでしょう。

ちゃんとしたオフィスを持っているかどうかを確認する

解体工事を行うにあたっては、作業員を確保したり重機を備えたりと、ある程度の資金力が必要になります。
そのため、多くの解体業者はちゃんとしたオフィスを構えています。

もちろん、自社ビルのような大きなものではなくても、お客さんが来られた時に対応できるスペースを設けているなど、事務所として機能する専用の場所を持っているものです。
一方で、不当な料金を請求したり、不法投棄を平気で行ったりするような不誠実な業者は、しっかりとしたオフィスを構えることなく、実体のない住所に会社を置いているだけというケースが多く見られます。

それで、名刺などに記載されている住所にはどんな建物が建っているのかをチェックしてみると良いでしょう。
グーグルマップなどで住所を入力すれば、すぐにどの建物に事務所が入っているかを調べられるでしょう。

もし、通常のマンションの一室である場合や、テナントビルに事務所があるという場合は、貸オフィスを使っている可能性もあります。
つまり、そこにはその会社の実態は何もなく、単に住所をそこに置いているだけというものです。

心配に感じるのであれば、その住所を直接訪ねてしっかりとした事務所があるのかどうかをチェックしてみるのも良いでしょう。
貸オフィスを使っているケースなどは、特に注意が必要です。

重機を自社で持っているかどうかを尋ねてみる

解体工事を行う場合、たいていの現場で解体用の重機が必要となります。
もちろん、家屋の規模や立地条件によっては重機が不要、もしくは使うことができず、人力ですべての作業を行うこともあります。
しかし、解体業者として看板を掲げている以上、重機を使う現場がメインとなります。

そのため、自前で重機を持っているかどうかを確認してみると良いでしょう。
重機を持っているということは、それだけ資金力があるということですし、解体業者としてたくさんの現場を持っていることを教えてくれます。

もちろん、解体業者としての業務を行っていても、保管スペースなどの問題から、毎回レンタルしているという会社もあります。
重機を持っていると、より安心できる解体業者として見られるでしょう。

また、もし重機を持っているのであれば、その状態を確認してみましょう。
古くてもしっかりと整備されていてきれいな状態を保っているのであれば、安心して作業を任せられるでしょう。

まとめ

解体工事は信頼できる解体業者に頼まないと、大きなトラブルに巻き込まれてしまう可能性もありますので、慎重に考えるべきです。
安心して工事を任せられる業者を見分ける方法の一つとしては、マニフェスト伝票などの解体工事に必要な書類をしっかりと持っているかどうかを確認することです。

依頼者であれば、こうした書類は見せてもらう権利がありますので、遠慮せずに提示を求めてみましょう。
また、会社としてしっかりとした事務所を構えているかどうかの確認も肝心です。

住所から検索してどんな場所に建っているかを見るとともに、できればそこまで行ってみてオフィスの様子を確かめることもできます。
そして、解体工事につきものの重機を自分のところで保有しているかどうかというのも、安心して工事を任せられる一つの基準となります。

こうしたポイントをチェックしながら業者を選んでいきましょう。

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です