解体工事でトラブル!近隣住民との多いトラブルとは?

解体工事でトラブル!近隣住民との多いトラブルとは?

解体工事を行うことで、近所の方とのトラブルに発展してしまったというケースは意外と多いものです。
その問題が原因で、近所の方々との付き合いが疎遠になってしまうと、後々大変なことになります。

とはいえ、解体作業によってどんな問題が起こるのか、どのように対策を施せるのかというのは、実際に工事に携わったことがないとわからないものですね。
そこで、よくあるトラブルの原因とその対策を見てみましょう。

解体工事で一番多いトラブルは振動と騒音

解体作業をする時には、コンクリートなどの重量物が落下しますし、建築資材を破砕しなければなりませんので、大きな音が発生します。
また、重量物が落下した時や重機が移動する時などは、どうしても振動が発生してしまいます。

近隣の家との距離が離れているのであれば、こうした騒音や振動の問題はさほどではありませんが、たいていの場合は家同士がかなり近い位置に建っていますので、迷惑に感じる人が出てきてしまいます。
また、夜勤をしている人などは日中に寝ていることもありますので、どうしても作業による振動や騒音で睡眠不足に陥ってしまうという事態も生じえます。

解体現場において、振動と騒音を避けることは、いくら丁寧に作業を進めても避けられないことです。
そのため、しっかりとした対策を施す必要があります。基本的には、解体現場の周りに足場を作り、そこを防音シートで囲います。

防音シートは多くの場合、銀色か黒色の薄いシートで、現場をぐるりと覆っています。
このシートがあるとないとではかなり周りへの騒音被害が異なります。そのため、どこの解体工事でもこのシートを利用することになります。

粉じんが飛ぶというトラブルも多い

建物を解体すると、コンクリートの粉などが飛び散り、近隣に広がってしまいますので、粉じんによるクレームというのも多く見られます。
粉じんを吸ってアレルギー反応を起こしてしまう人もいますし、外に干していた洗濯物や自動車が汚れてしまうということもあります。

特に、ぜんそく持ちの人が近隣にいる場合には、かなり注意しなければならないでしょう。

粉じんは解体作業の仕方によってもだいぶ防げます。
丁寧に作業を進めることや、粉じんが出そうな建築材料を壊す時には、必ず水をまきながら作業をするなどの対策を採れるでしょう。

また、騒音対策のために張っている防音シートも粉じんが近隣に巻き散るのを防いでくれます。いろいろな効果がありますので、解体現場にシートを張るというのは欠かせないことと言えます。

作業員やトラックの出入りが問題になることも

解体工事期間中には、何人もの作業員が出入りしますし、廃棄物を搬送するためのトラックが行き来します。
また、現場によっては重機が入ることもありますので、道路がふさがれたり交通の妨げになることもあります。

小さな子どもが近所にいる場合には、トラックの動きに気をつけないと事故に発展してしまうこともありますので、十分な注意が必要です。解体現場の土地に十分なスペースがないと、トラックを道路上に置いて作業する必要が出てきて交通を遮断してしまうことになります。
こうした問題に対処するには、事前の近隣への周知が欠かせません。

また、道路にトラックを停めるのであれば、事前に警察に道路使用許可をもらわなけれなりませんし、警備員を配置する必要があります。

近隣への挨拶と説明をしっかりすることがトラブルを避けるために一番重要

このようにそれぞれの問題に対処するために技術的な対策を施すことができますが、なにより重要なのは、解体工事を始める前に、しっかりと近隣の住民に挨拶をすると同時に、考えられる問題についての説明を行うことです。
近所の方と良い関係を作っていれば、多少の迷惑をかけてしまうとしても、お互いさまだからという気持ちが働いて、大きな問題になってしまうことを防げます。

なので、解体工事を始める数週間前には近隣への挨拶をしっかりとしましょう。
その際には、簡単なものでも構わないので手土産を持参すると、より誠意が伝わるでしょう。

工事の期間とともに、騒音や振動があることなどを伝えておきます。
粉じん対策として、工事期間中は窓を開けないことや、洗濯物を外に出しておかないことなどをお願いしておくと良いでしょう。

挨拶に行く際には、解体業者にすべてを任せるのではなく、施主様も一緒に行くことで近所の方々の気持ちを和らげることができるでしょう。

まとめ

解体工事につきものの近隣とのトラブルと言えば、騒音と振動が多い傾向にあります。
こうした問題を防ぐためには、解体現場の周囲をしっかりと防音シートで覆うことが重要です。

防音シートで覆うことで、粉じんの飛び散りを防ぐこともできますので、確実に養生を行ってもらうように解体業者に依頼できるでしょう。
また、粉じん被害を防ぐためにも、丁寧に作業をしたり散水を徹底することも重要です。

工事期間中は人の出入りもトラックなどの建設車両の行き来も多いので、事故を防ぐために警備員の配置をしっかりとしなければなりません。
何より、事前に近隣への挨拶と説明をしっかりとすることで、迷惑をかけてしまったとしてもトラブルに発展するのを防げるでしょう。

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です