ブロック積み擁壁や塀の強度って問題ありませんか?

危険なブロック積み擁壁

町を歩くとコンクリートブロックを積み上げただけの『危険なブロック擁壁』を多く見かけます。

しっかりした擁壁を作るためには、大きな費用が掛かってしまうので、安価で出来るブロック擁壁を作ってしまうようです。

ブロックでつくる土留めの高さは、40センチまでと制限されていているので、2段積みまでが限界の高さとなります。

あなたのご自宅の擁壁は大丈夫でしょうか?

 

ブロック擁壁って大丈夫なのでしょうか?

 

burokuyouhaki

 

近年、日本では大きな震災が相次いで発生しており、あらためて「地震大国」だということを再認識しななくてはなりません。

建築基準法、宅地造成等規制法でも、擁壁の用いてよい材料は「鉄筋コンクリート造、無筋コンクリート造又は間知石練積み造その他の練積み造のものとすること。」と定義されています。

当然のことですが、申請の有無に関わらず、認められない材料・工法で作れば、強度・耐久性からみても危険であることは明らかです

建て替えを考えている皆さんは、そのブロック土留めでは新築を建てる許可が下りないかも知れません。

もともと、ブロックは水を通しやすい材料であり、雨水にさらされてしまうと、中に入っている鉄筋が錆びやすくなります。

塀の材料として用いる場合でも、ブロックの下にコンクリート基礎をつくり、地盤面から5cm以上立ち上げた上にブロックを積み、水に直接接触しないようにしなければなりません。

それが常に水を含む土と接する擁壁ならば危険なのは当然ですね。

 

ブロック塀の高さにも注意してください

 

高く積まれたブロック塀

 

高く積み上げられたブロック塀も多く見かけますよね。

写真のように裏側に控え壁が設置してあっても、大きな地震などによって、簡単に崩壊転倒してしまいます。

控え壁をつければ、2.2mの高さまで積み上げることが許可されていますが、普段よりブロック塀の解体作業に従事する我々解体業者からみますと、いくら控え壁があっても2.2mは、とても危険な高さだと思います。

詳しく知りたい方は、「(社)全国建築コンクリートブロック工業会」で確認してください。

 

高すぎるブロック塀は解体しなとダメですか?

 

ブロック解体状況

 

高さが1.2mを超えているブロック塀では、そのままの状態ですと危険ですし、建て替え等の申請時に建築確認が受からないのです。

将来の事を考えれば基本的には、やり変えることをお勧めします。

birotsuku-kiretu

しっかり作ってあるブロック塀では6段までなら大丈夫となっていますが、しっかりしていないブロック塀の割合が多いように思います。

6段積んである中間に風を通すためのブロック「風抜きブロック」がある場合などは、鉄筋が通すことが出来ていないため、強いブロック塀とは言えません。

 

kazenukicb

 

たとえば、8段積みブロック塀ですと1.6mの高さとなり40センチオーバーとなってしまいます。
しかし、高さオーバーのブロック塀でも次の方法であれば法律的には作り替える必要はありません。

 

  1. 3.4m間隔以内に控え壁を設置する
  2. 上の2段を切断して1.2mの高さまで下げる

 

このように対応すれば、ブロックを解体して一から作り替える必要がなくなりますので、安全性が向上した上に費用も抑えることができます。

ただし、既存のブロックの強度が強固に保たれていることが条件となります。

yoyaibirotsuku

 

見た目がボロボロであったり、ひび割れがあるようでは不安になりますし、そもそも傾いてしてまっているようなら解体して、積み替えないと危険です。

 

ブロック塀を切断して高さを下げるだけで大丈夫?

 

 

上部を2段切断するだけでも上部が軽くなる分、揺れが少なくなり、危険度が低減すると言われています。
100パーセント大丈夫だとは言い切れませんが、それなりの効果があるようです。

 

まとめ

ブロックは塀として使って下さい。
高さは1.2メートルまでとし、強固な基礎の上に積み上げましょう。

ブロック土留めは40センチまでが限界の高さです。
それ以上の高さの土留めを作る場合は、型枠ブロックや鉄筋コンクリートで構築しましょう。

既存のブロック塀やブロック土留めが高く積み上げている場合、切断するなりして高さを低くすると転倒のリスクを抑えることも出来ますので、まずは専門業者に相談してみてください。

古くなって傷みが傷みが激しかったり亀裂があるような場合は、補強や積み替えの必要もあります。
特に建物の建て替え時は、積極的に新設し、30年先まで大丈夫な強度で作り替えることをお勧めいたします。

石井商事では外構部門も御座いますのでお気軽にご相談くださいませ。

 

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です