解体工事の手続きをする前に!事前準備は何をすればいい?

解体工事を行うにあたっては、いろいろな手続きや準備が必要になります。
こうした事前準備をしっかりとしておかないと、工事が順調に進んでいかないばかりか、後に大きなトラブルに発展することになりかねません。

しかし、人生のうちで家屋の解体をすることなどほとんどありませんから、何を準備したらよいのか分からないというのが本音ですよね。
そこで、工事を始めるまでに最低限しておかなければならないことを確認しておきましょう。

慎重に解体業者を選定する

解体工事を行うにあたってなによりも重要なポイントとなるのが、信頼できる解体業者を見つけることです。
しっかりとした会社であれば、工事完了までにすることを丁寧に教えてくれますし、近所とのトラブルの原因になりやすい解体作業を慎重に進めてくれますので、安心して任せることができます。

そのためにも、ひとつの業者にだけ見積もりを依頼するのではなく、複数の会社に見積もりを出してもらうようにしましょう。

その際には、単に電話などで見積もりを出してもらうのではなく、実際に現地に来てもらって正確な計算をしてもらうことが肝心です。
解体工事は建物の大きさや古さだけでなく、家屋の構造や使われている建築材料、家の前の道路の広さなどによっても費用が変わります。

現地を見ないで正確な見積もりを出すことはできません。
また、信頼できる業者は廃棄物をどのように処理しているかを証明する書類をしっかりと保管しています。

この書類がないと不法営業ということになりますので、事前に確認させてもらうと良いでしょう。
焦ってすぐに決めるのではなく、複数の業者を比較して信頼できるところを選ぶようにしましょう。

いろいろな手続きがしっかりとなされているかをチェックする

建物を取り壊す際にはいくつもの手続きが必要になってきます。
その一つが、建設リサイクル法による届け出です。これは、建物を取り壊した際に出る廃棄物をどのように処理するのかなどを記した書類で、依頼者に届け出の義務があります。

もっとも、実際には解体工事を行う会社が代行して行うのがほとんどですが、きっちりとこの書類の提出がなされているかを確認するようにしましょう。

また、解体現場がある土地の中に廃棄物を収集して運んでいくトラックが入っていけないのであれば、道路にトラックを停める必要があります。
その際には、必ず道路占有許可を取らなくてはなりません。

これも、解体業者が申請して取得するものですが、事前にこの許可が必要になるのか、もし必要になるのであればしっかりと申請をしたかをチェックすると良いでしょう。

解体前に確実に家の中の物を処分しておく

解体工事を始める前に、家の中の物をすべて処分しておく必要があります。
こまごまとした家庭ゴミに分類されるものは、時間をかけて自分たちで処分すれば、無駄な費用をかけずに済みます。
貴重品や思い出の品などをあらかじめ分けておき、大事に保管できるようにしておくことも大事です。

家具や家電製品などは、リサイクル業者などに依頼して買い取ってもらうことができます。
家まで来て見積もりを出してくれますので、早めに依頼しておきましょう。そして、大きな不用品の処分は専門の業者に依頼してまとめて作業をしてもらうと効率よく行えます。

リサイクル業者が買取と同時に行ってくれることもありますので、よりスピーディーに費用を抑えて作業を済ませることもできるでしょう。
事前準備の中では、この不用品の処分がかなりの時間を占めますので、あらかじめしっかりと計画をしてスムーズに進められるようにしておきましょう。

また、処分するものの中には、家電リサイクル法の規定に従って処分しなければならないものもあります。
冷蔵庫やエアコン、パソコンなどがそれに該当します。この場合、リサイクル料金を支払って決まった業者に引き取ってもらう必要がありますので、事前準備の一環として情報を集めておくと良いでしょう。もちろん、リサイクル業者などがすべての作業を一括して行ってくれることもありますので相談してみると良いでしょう。

こうした作業が終わったら、工事前に必ず水道やガス、電気などのライフラインをストップする手続きを済ませることも忘れてはなりません。
そして、工事が始まる前にご近所の方々に挨拶に行き、解体工事についての説明をしておきましょう。

こうした近所周りを事前準備としてしっかりしておくことで、後々のトラブルを防げます。

まとめ

解体工事を始める前の事前準備としては、信頼できる解体業者を見つけることからスタートします。
そして、建設リサイクル法による届け出や道路占有許可などの手続きがしっかりと期限通りになされているかのチェックもこまめに行います。

解体工事が始まるまで十分なゆとりを持って、家の中の物を片付けるようにしましょう。
自分たちでできることと、専門業者に依頼することとを分けて、効率よく作業することがカギです。

そして、解体工事の事前準備の最終段階として、電気、ガス、水道などのライフラインをストップすることや、近所へのあいさつや説明をすることも忘れないようにしましょう。

 

お気軽にご相談ください

石井
私たち石井商事では、年間250件を超える解体工事を行っております。
とてもありがたいことに、現在でも6社のハウスメーカーさんとお取引があり多くの現場をまかせていただいております。
ハウスメーカーさんの厳しい施工基準に対応するという経験値も積んでいるので、サービスの質や技術には自信があります!

解体工事をお考えなら、ぜひ安心してお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です